2019年

11月

21日

大好評のアンコール。

 

 

もう数年も前のことになる。

 

SDCの水中映像発表会の時、

 会場の調布にある『たずくり』ホールの、大スクリーンに、

自分が水中で撮った映像が、

大きく、映し出された。

 

その時の圧倒的な迫力ある画像を、

あの会場で初めて見た時の、

あの時の

あの感動と興奮は、

 

今だに忘れられない。

 

 今回、その会場で久しぶりに、また映像発表会が開かれることとなり

出品の、お誘いを受けた。

 

久しぶりの出品ということで、

シロナガス鯨を撮影するときの苦労話や、自慢話などを『テンコ盛り』にして

頑張って立派な作品を作ろうと決心をした。

 

 が、実際に手をつけてみると、どんな風に纏めたらいいか、

イロイロ工夫うしてみたがアイデアがまとまらず悩んで手がつかず、

編集作業も捗らず締切日をとっくに過ぎてしまった。

 

まだ間に合いますか?

 

と、図々しく事務局に問い合わせをした。

 そしたら『鯨以外は不要です。余分なものはカットして下さい』

『出来上がりの時間は3分位にして、地球を感じるような音楽でお願いします』

と、事務局の高木さんから無理難題の『厳しい返事』が来た。(笑)

 

 『映像の会』の別の先輩の『ご意見』も、聞いてみよう、

そして『こんな無理難題を言われた』と訴えよう。

 

それなのに『自分好みの余計な思い入れは入れないこと。

余計な情景は取り除いて思い切ってカットしなさい。』と、これまた厳しいアドバイスだ。

 

 そんな訳で、泣きの涙で、あれもカット、これもカット。

自分の『自慢したかったシーンは全てカット!

 

お陰で、僅か1分30秒に収まってしまった。

 

自分としては不完全燃焼で極めて不満足な出来上がりの作品となってしまった。

が、もうこれ以上は無理だ。

 

開き直って提出。それが会場で今日上映された。

 

ところが、それが予想以上の大拍手で、意外にもアンコール!

 

まさかアンコールされるとは思ってもみなかった。

大好評。

 

 

 

1 コメント

2019年

11月

20日

『お宝映像』

 

カボサンルーカスだったか

コスメルだったかにダイビングに出かけた時、

前泊した成田のホテルの洗面所に、

作って貰ったばかりの

(かなりお高い)

『入れ歯』を忘れたまま

JALだかANAに乗り込み、出されたおしぼりで顔を拭いたあと、

おつまみを口に運んだ時

『アッツ』

と思い出し、

当時やっと機内から電話をかける事が可能になった頃で、

CAに、恥を忍んでホテルに連絡をして貰った

恥ずかしい失敗談など、

思い出すとゾロゾロ出てくる『情けない思い出』が続く私のダイビングの旅。

 

書き留めていると、

次から次と出てくる、こんな(他人に話せない失敗談)まで

曝け出して作品作り~~~。

 

楽しくないなア。とは思うのだが、

 

『有名監督が会社を潰すほど赤字を出しながらも

映画を作り続けたのは

命を賭けるほどの

充実感、達成感が根底にあったのではないかと想像』

されている。

 

などと、『お師匠』さんから、

説得力のある話を伺うと

『う~ん成る程』と、よく解る気もする。

 

最近、先日から

古いHDから昔の映像を探し出しているのだが、

一瞬撮らえたカジキの向こうに

大きなジンベイザメがいたりする意外な『お宝映像』が見つかったりし、

そんな映像を自慢げにDVDにしては皆に配って

(嫌味な自己満足に浸っていた)

『楽しかった昔』が思い出され、

ついつい時のたつのも忘れ、

いい歳しながら、映像の探索に夢中になってしまう自分が情けない。(笑)

 

こんな事を続けていては

100%のエネルギーを注ぎ込める様環境』など

出来っこないので

来週からは『お師匠』さんが言う

『駆け込み寺』を見つけ、

なんとしてでも波長の合う店員』を見つけだし

晴れ晴れとした気持ちで

富士山を眺められるようにしなければと思う。

 

 

 

 

 

0 コメント

2019年

11月

16日

富士山を堪能した日々


 

 富士山を今まで見る機会といえば

海外に出かけるときに

中部空港のセントレアから

成田へフライトする時か、

新幹線で東京に行く時、窓外に眺めて溜息をついたか、

伊豆の神子元島へハンマーヘッドを見に

東名高速道路をぶっとばした時に眺めた時くらいで、

ゆっくり眺めたり撮影した事がない。

 

 今回、映像の編集の仕方について

教えを請う友人を訪ね

富士宮のホテルに泊まる機会があった。

 

 『Far from Elevator, Higher floor,Mt.Fuji view side room. Please』

 

と、駄目モトで、

ホテルの予約の際リクエストしたら、

なんと、最上階のフロアーで

窓外に見るたびに姿を変える富士山を

真正面に見られる部屋を取る事が出来、

日々刻々と変わる素晴らしい富士山を眺めて、

ほぼ一週間、

暮らす事が出来た。

 

 映像の編集についての講義は

なかなか難物で

映像の『お師匠さん』には、

愛想をつかされたようだったが(笑)

時にはひと息いれて、

朝霧高原までドライブで案内までして貰ったり、

貴重な至福の数日を送る事が出来た。

 

 山頂に雪が積もった富士山。

街中の何処からでも目の前に見られる迫力ある富士山堪能し

シアワセな日々を送ることの出来た

この一週間だった。

 

0 コメント

2019年

10月

28日

次郎長親分の 『お女将さん』の 墓

 

朝練のあと、

いつものコースからマウンテンバイクの足を、

少しのばして見つけたのだが、

 

次郎長親分の

最初の『お女将さん』(笑)

『おちょう』さんの、

墓が

何故、名古屋に在るのだろう?

 

 

0 コメント

2019年

10月

27日

サクラの満開が楽しみ!

 

南ア、ウェールズを破りイングランドと決戦が決まった

 

ラグビーW杯準決。

 

勝の息詰まる闘い、昨日も今日も凄かった!

 

激しい肉弾戦をサクラチームが

どう切り抜けて『次なる高み』をめざすか、

 

 

サクラの満開する日が楽しみ!

 

 

 

0 コメント

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢が、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島など

の絶海の孤島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

個々には、それぞれ

何回かずつ

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影』

する事だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

  知られていない島で

   ダイビングする

     ことだ。

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 私の夢 』