2021年

9月

20日

あの生き生きできた日々。


 

慶良間の最終日、

流れの激しいあのウチザン礁で、

でかいロウニンアジの奴らを、

歳ガイもなく夢中になって追いかけ回し、

激写できたラストダイブの至福のひと時が忘れられない。

 

が、おかげで名古屋に戻ってきてからの、ここ数日、

何をしても身体がギクギクし、

立ったり座ったりすることすら、

する気にもなれないのには参った!

 

水中で、

ああ、俺は未だ未だ大丈夫だ!と実感し、

石垣や慶良間で過ごせた充実した、

あの生き生きできたアノ日々。

 

あれは一体なんだったんだろう?

 

 

 

 

0 コメント

2021年

9月

08日

思うように身体を波に任せられる。


 

Everyday Sunday, Everyday Holiday

気儘な暮らし。

@ Kerama Is. Okinawa with Dr. Yu Iguchi

08/09/2021  

 

ホテルからピックアップ 、早朝6時30分!

 

普段から鈍な私にとって、

何よりも、この事が、一番厳しく堪え辛い!!!

 

そしてコンビニで朝飯と昼飯を買って

迎えの車のなかで朝飯のおにぎりをパクつく。

こんな学生たちのような修行僧のような日々。

 

 

ラストダイビング3本目やっと急流のなかで見られたのが、

思いがけず近寄ってくるロウニンアジたち。

 

何故か何どもグルグルとダイバーの周りを行ったり来たり。

夢中で近づいてクローズあっップ。

 

激流のなかで身体が捻れ苦しい筈なのに、

地上でのような痛みがない。

楽しい。

 

なんか、若い時にかえったような気分で

身体を波に任せられ、

思うままに身体をひねる事が出来、苦しくない。

なんとも嬉しい。

 

船にExitした後の腰の痛さとフラフラ感。

 

そしてジャイアントストライドで、

ジャンプインした時の躓きを思い出し、

 

一挙に『いつもの現実の自分』に戻されてしまった。

 

0 コメント

2021年

9月

02日

那覇の滞在を避ける配慮

 

Everyday Sunday, Everyday Holiday

気儘な暮らし。   02/09/2021 

  @ Ishigaki

 

明日チェックインするチャタンのホテルから

先程『予約確認』のメールが届いた。

 

【プラン名】絶景ならこちらから- 朝食付【オーシャンフロント確約&バルコニー付】

海が見えるサウナ付き大浴場無料。

 

と、いやに詳しい『確認事項』が羅列されていた。

時節柄、ドタキャンの連絡が多いのだろう

『既にキャンセルのご連絡をされている場合は、ご容赦のほど』と、

念を押すことも忘れていない。

 

緊急事態施行され感染者発生爆発中とかの『那覇』滞在を避ける配慮をしてくれた

Yuさんの心使いが嬉しい。

 

 

 

 

0 コメント

2021年

9月

01日

明日の日が来るのが待ち遠しい


 

Everyday Sunday, Everyday Holiday
31/08/2021 @Kabira-Yamabare, Isigaki
石垣マンタスクランブルを、
遠い昔、発見され、名付け親となられた、石垣のレジェンド園田さんに、
その園田さんの一番弟子のヤスさんと
(私の治療中の陣中見舞いに来てくれた)倅と孫を伴い
『お神酒』を捧げ、
日曜日に、お参りをさせて戴いた。
その『ご利益』のせいか、
翌日からカマスの群れが群れに群れて現れ驚いた。
どころか、その日から連日、
久しく現れなかったマンタが姿を現し始めた。
然も、朝、昼、1本ごとに。しかも今日はEXITの時、
カメラに苦労してあたふたとレンズカバーをし終わった、
その時に
『もう少し遊んでくれよ』と言わんばかりに
グルグルとマンタが纏わり付いて来て驚いた。
敬愛する私のドクターヤスさんの自慢の映像のコレクションが、
また増えること間違いなしだ。
今、もう身体のあちこちがギシギシ鳴って耐えられ無い。
が、迎えの車が明日もまたくるのが待ち遠しい
0 コメント

2021年

8月

19日

Covid19なんかに負けてたまるか。


 

Everyday Sunday, Everyday Holiday

闘病記 19/08/2021

 

お盆を迎える準備の『お墓の掃除』に出かけた7月の後半は

連日照りつける日々で往生したのに、

名古屋は8月に入ってから連日鬱陶しい雨が降り続き、

それでなくとも運動不足に加齢で、

朝晩ギックリ腰で鬱陶しい。

 

このままではCovid19に負けてしまう。

いつでも海外に飛び立てるよう二度目のワクチンの接種も済ました。

そうだ『南国へ治療に出かけよう』と急遽、決心。

 

往復10数万円もする国内航空券だが、

この1年余、何処の国へも行けず

航空会社のマイレージもタップリ溜まったままだ。

急な日取りの予約も今なら取り放題だと分かり、

治療を受ける『入院先』へ猛アタック。

 

 

石垣のヨネハラに在るJam Seanangで9月10日迄、

ご厄介になれる約束を取り付け、

19日急遽、

雨そぼ降るセントレアを旅立った。

 

雲の中の揺れまくる運航も、着陸寸前には晴れ渡り、無事、

迎えに来てくれたJamのヤスさんが待つ、

スガスガしい南国の空港に降り立った。

 

 

 

0 コメント