2016年

5月

11日

『デイナーのプレゼント』


 

 

何日か前にレセプションで

マネージャーのAntonさんから

チェックアウトの2日前に『デイナーをプレゼント』しますと予告され、

 

一昨夜、

食堂のマネージャーから

『お好きなものをどうぞ』

と言われたので、それじゃあ、

(少しお高いので恐縮だけど)

遠慮なくいつも食べているお気に入りの

『タイガープラウン』を

お願いしますと頼んだ。

 

3月に来た頃は、一皿に6匹ぐらいだったのが、

食べるたびに1匹ずつ増え

最近は9匹ぐらいが盛り合わせられることが多くなった(笑)

 

だから食いしん坊の私の、

大のお気に入りのひと品だ(笑)

 

大盛りのデザートのあと、

お部屋にビールをもう一本お届けしますと、

これまた嬉しい大サービスに感激(笑)

 

 

 

 

 

0 コメント

2015年

5月

24日

 Project ”Re-Born”


2000年から潜り始めてから、
いつかは遭遇したいと、願ってきた「大物たちとの遭遇」の夢が、
ひとつ又ひとつ、と、叶ったときの歓びを
「会報」や「ブログ」などに書き綴ってきたのを、
目にされたSDCの映像の”お師匠さん”
(と、私が勝手に決めて指導を仰いでいる方だ。)が、
「どうだ『傘寿の記念』に
「こんな風に」作品に纏めたら面白いものができるゾ」と、
なんとシナリオ迄作って背中を押された。

だいたい
『傘寿』の記念に、と言われても、
『私の辞書には古臭い「傘寿」なんて言葉は載ってない!』(笑)
どこかの「爺さん」たちの、祝い事だ、と思っていたのに!(笑)

 そんなことで古い昔のハードデスクを引張り出し
映像を復活させて作品作りに役立てようと、
どうせならと、
Project ”Re-Born” と名ずけて作業を始めた(笑)。


が、苦労して再生させた写真の一枚ごとに、
もう忘れてしまっていた思い出が蘇り、
懐かしんでばかりいるので、
なかなか作業が捗らなくて
困っている。(笑)








0 コメント

2015年

5月

22日

旅先にくれた可愛い手紙。



シロナガスを撮影する旅で、

スリランカに出発しなくてはならず、

その前に、今年の春、高校に入学する孫に、進学祝いのプレゼントをと思い、

何が欲しいか聞いたら、

 パソコン」をお願い!と言う。

了解し、旅に出る前に、ヤマダに一緒に出かけた。

店に陳列してある一番上等(らしい、一番お高いヤツ(笑)の前で、)

コイツが欲しいと宣言。

孫に目の無い”おじーちゃん”は、娘(孫のママ)に

『また甘やかして!』と叱られないか心配しながらも

OKしてプレゼントした。



 それまでは、毎週土曜日に、我が家を訪れ、
まっすぐに私の書斎に来て、我がMacを占領。
夕食が終わって10時過ぎ、ママが「もう帰るわヨ」と大声を張り上げるまで、
我が物顔で私の机を占拠し、
友人達とSkypeなどしていた孫。

それも今は昔。(笑)

私は4月末に旅を終えて帰宅したが、
我が家には訪れているらしいが、
(私も留守がちなのだが)最近は我が書斎に出入りした形跡も無い(ようだ)。
メールの一本も寄こせばいいのに〜〜〜。(笑)

最近、私はProject” Re-Born”に取り掛かったので、
たまたま、古いログブックに貼ってあったのを見つけたのだが、

初めて『世界の海を潜りめぐる世界一周の旅』に出た時、
旅先にこんな可愛い手紙をくれた、
孫だったのに〜〜〜(笑)








0 コメント

2015年

5月

12日

旅ことば『 遊子 』 

新幹線車内誌



横浜から名古屋に帰る新幹線の中、

退屈しのぎに見ていた車内誌で、

『旅ことばの旅』というコラムで、

「遊子」

を見つけた。


自分が『放蕩』しているなどとは

勿論思ってもいないが、

少し気にしていることもあったので、

興味深く読まさせて貰った。(笑)


  ”小諸なる古城のほとり雲白く遊子悲しむ” 

「遊子」とは、旅人のこと。

海外への留学を遊学というのと同じで、

故郷を離れる旅人のことを指し、

放蕩息子、放蕩老人のことではない。

のだそうだ。(笑)


 この詩の最終行に

”濁り酒濁れる飲みて草枕しばし慰む”

とあるが、

昨夜遅くまで映像の”お師匠さん”を引き止め

熱燗を酌み交わし、

今、いささかハングオーバーで頭を抱えている

幾歳になっても困った「遊子」のイマエダさんだ。(笑)






0 コメント

2015年

5月

11日

意欲が湧いてきた。



重いハードデスクをいくつも携えた旅なので、

とにかく便利なホテルをと思って

駅から一歩も出ないで

チェックイン出来る

新横浜の、新幹線の駅の真上にある、

『ホテルアソシア新横浜』に泊まった。


ひと夜明けたら思いがけず15階の窓から

晴れやかな富士山が眺められた。


昨日は、大変長い時間にわたり、

SDCの会長から、示唆に富むアドバイスを

いろいろと貰え助かった。


が、疲れた(笑)


おかげで、なんとか目指す映像の「作品作り」について、

今後の作業の進め方に、

目処がたった(ような気がする。)


古い資料など、特に古い写真のデータを、

引っ張り出すのが、

中々大変だと思うが、

会長が言われるように、

なんとか、楽しみながら(笑)

少し苦労してみようと、


晴れ晴れしい富士山の姿を眺めたら、

意欲が湧いてきた。







0 コメント

2015年

5月

09日

動画ならではの映像。



この4月、パラオのユーカクで、
ハヤシさんが撮られたマンタたちの捕食の映像を、
ハマダさんが編集し、そのDVDを、
サトさんが配慮してくださりハマダさんから届いた。

( サトさん、いつもご配慮ありがとう。)

湧き出てくるようなマンタたちの群れの写真を表紙にし、
なかなかれうまく編集された立派なDVDだった。



スリランカから帰ってから、ここしばらくのあいだ、
FBに投稿され続けたマンタたちの群れの、
凄い写真の数々を見て、
羨ましくて
嘆息の日々を送っていた。

こんどのDVDで、
あらためて動きのある映像をながめると、
つぎつぎと湧き出てくるかのように現れる
マンタたちの群れの
動画ならではの迫力は本当に素晴らしい。

マンタたちの捕食のさまが、こんなに見事に撮らえられるとは、
なかなか狙って撮れるものではないだけに、
凄いチャンスに恵まれたサトさんや林さんが、
あらためて、全く羨ましい!(笑)


これ以上の場面に巡り遭えるチャンスは、そうは無いと思うが、
自分も是非こんな映像を撮ってみたいものだ!
つくづくそう思う羨ましいDVDだった。







0 コメント

2015年

5月

01日

日本の誇れる四季の煌めき。





@ 毎朝トレーニングに出かける名古屋大学のキャンパス。

旅に出た2月の頃は,
ケヤキなどまだ枯れ枝だったのに、
今や盛り上がるように新しい芽が吹き出て若葉色に輝き、
もうすっかり初夏だ。
この萌えるような新緑は日本の誇れる四季の煌めき。
花たちも百花繚乱!












帰国してアッという間に

1週間が経ってしまった。

今年の春も桜を見過ごして残念だったが、

我が家の庭も新芽たちが煌めいて

スッカリ初夏の装い。











0 コメント

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

その、描いた夢が、

有り難いことに、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おもえば、おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

ガラパゴスだけなら

2014年の秋に

4度目が

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影する事』

だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 願い続ければ

 夢は必ず

  実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

   知られていない、

    スペインと、

  ポルトガルの沖合の

   東大西洋上の島で、

    ダイビングする

     ことだ。