2016年

9月

20日

江戸前の蒲焼。

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

19日

大隅さん見事今年も又入賞。

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

16日

楽しい最後の晩だった。

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

13日

これが自然の摂理。

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

11日

喜びの乾杯が出来るように。

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

11日

有名な『私のお気に入り』(笑)

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

10日

値打ちなレートを貰う為に。

続きを読む 0 コメント

2016年

8月

30日

有難い手配に感謝。

続きを読む 0 コメント

2016年

8月

27日

凄絶な地獄図絵。

 

 

 

 

ホテルをチェックアウトし、

TrincomaleeからColomboへの

6時間余のうんざりするドライブも、

もう終わりの頃、

衝撃的な事故現場を目撃した。

 

大型トラックと衝突したトクトクが、

道路脇の土手にヒックリ返りながら乗り上げ、

空に舞った車輪が土煙を上げている。

 

白装束の老婆が車の左側から放り出され

宙を飛んで道路に放り出された。

右側からは(老婆の息子だろうか)若い男が放り出され、

土手の方には、

見るからにいたいけな赤ん坊が放り出され

泣き叫んでいる。

 

もう一人、若い男が道端に振り出されたと思う間もなく、

びっこを引きながら脱兎のごとく走り去る。

 

『?』と目で追うと、

 

少し先の道端に停車した大型トラックの運転手を引きずり落とすと

殴る蹴るを続けながら

ショックで顔面蒼白になったトラックの運転手を、

現場に引っ立てようとしていた。

 

大型トラックが、

渋滞に腹を立てトクトクを抜き去ろうとして

引っ掛けて起きた事故のようだ。

 

(多分父親だろう)若い男が

猛烈に泣き叫ぶ赤子ににじり寄ろうと

立ち上がろうとするも立てないのだろう。

 

それでもにじり寄って

赤子を抱きかかえあやしながら、

放心した表情で何かを周りに訴えている。

 

放り出された老婆も、

おそらく大変な怪我をしたはずなのに、

健気にも一生懸命両手を上げながら立ち上がろうとする。

 

後から考えると、きっと、抱きかかえていた孫の幼児を、

衝撃の激しさで、手放してしまい、

自分も道路に放り出された瞬間、

抱いていた幼児を探そうと

必死で立ち上がろうとしていたのだろう。

 

一瞬のうちに目撃した

今まで体験もしたことの無い凄絶な地獄図絵。

 

目撃は一瞬だったが搭乗フライトの予定があり先を急ぐので

うしろ髪を引かれる思いで現場を去ったが、

壮絶な地獄図絵が、いつまでも目に焼き付いて困った。

 

空港に着くまで、

空港まで送ってくれたキャプテンやドライバーも

興奮して話が尽きなかった。

 

あの大型トラックの運転手からの補償など

タカが知れているだろうことは想像に難く無い。

 

不自由な身体で不自由な暮らしを強いられる

あの悲惨な家族たちの将来を思うと

暗澹たる思いがする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

8月

24日

特製のお値段日本円で約210円


続きを読む 0 コメント

2016年

8月

23日

Recseaの社長の顔が浮かぶ。(笑)

続きを読む 0 コメント

2016年

8月

12日

『反抗期の孫たちのよう』(笑)

続きを読む 0 コメント

   

          2020年

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始め

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢は、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

 

たくさんの夢が

叶った。

 

思えば幸せな

老後の

ダイビングライフを

楽しんで来られた。

 

今年『年男』を迎え、

今、願う私の夢。

 

太平洋、

大西洋、

インド洋など、

広い広い世界の海を

ダイビングをしながら、

 

そして、

北米

南米

ヨーロッパ

南アフリカ

中東

大洋州

アジア大陸

の6大陸の

世界の各地の絶景を

水中から

 

そして

ドローンを使って

空中からも

 

撮影しながら

巡る旅。

 

もし叶うことなら

OOOOOクラスを

使って

巡りたい

 

『世界1周の旅』 

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!