装いも新たに、再出発だ!

@ San Jose Del Cabo Airport
@ San Jose Del Cabo Airport

どうかされましたか? イマエダさん!

ブログの更新、最近、さっぱりじゃないですか?

 

と、最近よく言われる。

実は、こんな事情があったのです。(笑)

 

 * 

 

どうやら、今から考えると、この夏のお盆の時、

「迎え火」も「送り火」も、そのうえ「桃願寺」さんも失礼して、

Around the South Pacific Oceanの旅」へ、

遮二無二、出かけてしまった。

 

キット、その、「祟り」だったのだろう。

 

出発はしたものの、チャンデイダサで、

念願の「マンボウ」にも遭遇出来なかったばかりか、

途中ビデオのハウジングが壊れてしまい

撮影が続けられなくなってしまった。

リゾートでの滞在は、快適そのものであったが、

出だしから、散々な旅であった。

 

鄙びた漁村のチャンデイダサに居ては、なんとも解決のめどもたたず、

一旦、旅を切り上げざるを得なくなって、

やむなく9月の始め日本に帰り、2週間ばかりの滞在後、

あらためてNe Zealandを経由してTonga に向かい旅をつづけたのであった。

 

信じられないような数の巨大な鯨たちが、

目の前に、ズッコ〜ン、ズッコ〜ンと突然現われ、

恐怖しながらも撮影が続けられたのはよかったが、

しかし、もうこれ以上、鯨に近かづいて、

映像を撮ることは、身の危険で、無理だ。

と観念してシドニー沖や、メルボルンの南方など、

南オーストラリアでの鯨の撮影を続ける旅は、

思いきって断念することにした。

 

もちろん11月7日まで旅を続ける予定で、

既に航空券もホテルの予約も済ませてあり、

キャンセルしても殆どリファンドされず、

大変な痛手ではあったが、身の安全を考え旅の続行は、

すっぱりと諦め3週間も早めに帰国することにした。

 

思わぬ帰国に家内たちもビックしていた。(笑)

 

この17日から「旅のPart 3」の

カボサンルーカスから出かけるソコロのクルーズに、

出かける準備もしなくてはならぬのに、

「祟り」はもうひとつあって、なが年続けて来た

Home Pageのブログがどう言う訳か旅に出た

8月の半ば頃から更新出来なくなってしまったのだ。

 

帰国後AppleNagoyaに出かけ

田中サンや木村さんに相談し、いろいろと確認したが、

自動にバックアップが出来る設定はしてあったものの、

映像の編集に多くの外付けハードデスクが必要で、

日々の編集に7〜8個も接続する煩雑さに負けて怠り、

完全にバックアップされたデータが残されていないので、

復活させることは出来ない。

この結論はどうにも仕方なく、新しく立ち上げる以外に

方法がないことが判った。

ものの、なが年の蓄積を放棄せざるを得ない現実を諦めきれず、

悶々と無駄な日々を過ごしてしまった。

 

とは言うものの手探りはして見当はつけていたが、

新しく取り組む困難さが先きに来て、

手を付ける気がしなかったのだ。

 

やっと気を取り直して、取り敢えず、次の旅に出かけたあと、

せめてブログだけでもアップ出来るようにと、

ここのところ必死で頑張り、どうにかの体裁は整った。

 

これから少しずつ、また築き上げて行く気に。

やっとなったところだ。

 

さあ、装いも新たに、新規一転、再出発だ!(笑)

 

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢が、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島など

の絶海の孤島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

個々には、それぞれ

何回かずつ

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影』

する事だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

  知られていない島で

   ダイビングする

     ことだ。