アルゼンテイン料理“パタゴニア”

毎日、激写に次ぐ激写に励んだ、ケイコさん、ヒロコさんの、

お二人の女性が “今夜はどうしても牛肉が食べたい!”

ということで昨年行ったことのあるブラジル料理屋へ

行くことになったが、

記憶にある場所が定かではない。

 

オスカルさんに相談したら、

いや牛肉なら、今は、アルゼンチン料理“パタゴニア”がベスト!

だそうだ。

 

“お味の”ベストはいいけれど、お値段もベストで、

Expensieve”なのはチョットと、

女性軍押さえるところはキチンと押さえ頼もしい(笑)

 

タタミを2畳分くらい縦に繋いだくらいの “ひと部屋” 全部が、

肉を焼くスペースの豪快な店だった。

ちょうどオスカルさんのオカアサンがカボに来られていたので、

サクラちゃんと一緒に加わり楽しい晩餐となった。

 

お味も、雰囲気も、お値段も、“お肉のボリューム”はもちろん、

デザートの“テラミス”も、コッテリ複雑な甘さがあって、

女性軍が、これなら他店と比べたって “ベスト” と太鼓判を押す、

程のナイスなデイナーであった。

 

肉のボリューム?

 

丁度、その時のゲストからのオーダで焼いていた500グラム!

の、“塊” ふた皿を、お願いして写させて頂いたが、

共に、タマゲルようなデカさ!(笑)

 

難なく召し上がる“奥さま”に“乾杯ア〜〜〜イ!”(笑)