メキシコの夜会に招かれた!

               そして、ミシュランの星に輝く西麻布のシェフに遭遇。

              @ San Jose del Cabo, Mexico. on 1st Dec. 2013

Nick-sanの日本人オーナーシェフと共に懐石に使う繊細な材料を聞き出し神妙にメモするオスカルさん。
Nick-sanの日本人オーナーシェフと共に懐石に使う繊細な材料を聞き出し神妙にメモするオスカルさん。

バファカリフォルニアの先端、

Cabo San LucasからSan jose Del Caboにかけての

ホテルゾーンにある、有名なレストランの支援で、

ロスカボスのゴルフ場で開催されたチャリテイの晩餐会に、

日の出の勢いで、今、ご発展の、Caboの、

日本食レストラン「Nick-san」のオーナーの縁で、

ミシュランの星を獲得されている日本のレストランの

オーナーシェフのオカモトマコト氏が、

特別講師としてチャリテイに招聘されメキシコのセレブたちに、

繊細な“ニッポンの懐石料理”をご披露されることになった。

 

 

“ニッポンの懐石料理”をスペイン語で紹介するにあたり、

食通として地元ではつとに有名なオスカルさんに

通訳としての白羽の矢がたち、そんなご縁で、ご家族と共に、

私までもオスカルさんが招待して下さり、ご相伴に預かり、

美味しいご馳走や、格別なお酒などを奥様やお嬢さんと共に、

心ゆくまで楽しむ又とない“オイシイ機会”を得た。

 

 

メキシコの贅沢な食べ物や、イタリア料理や、日本食にも精通し、

もちろん日本語に堪能なオスカルさんは、

繊細な懐石の微妙なニュアンスを、シエフの岡本さんから熱心に聞き出しメモされ、スペイン語と英語と日本語を駆使し、

見事に通訳としてお役目を果たされていた。

 

日本から和食の素晴らしさを伝えようと、遥々海を越えてこられ、

メキシコのオーナーシェフに、一歩も引かず、

丁々発止とやり合うオカモトシェフの頼もしい姿を、

私は、記念になるようにあとで差し上げようと、

写真をたくさん撮らして貰った。

 

会場のゴルフ場に、有名レストランのブースがずらりとならび、

もちろんオスカルさんのご贔屓で、私もカボに来る度に、

ご馳走になっているDOCも、名店のひとつとして、

出展されておられた。

 

オーナーのペドロさんやエマニュエルさんが、

名前まで覚えていて下さって、にこやかに

“イマエダさん、いらっしゃい!”

と、迎えて下さり、嬉しかったので、

思い掛けない所で、ご一緒に、記念写真まで撮らせて頂いた。

 

ご馳走は、いかにもメキシカンな野趣溢れた羊の丸焼きやら、

葱を巻いた鴨の薫製とか、牛フィレ肉のポワレ、

平目(と思いたい白身のサカナ)にホタテ貝のムースを乗せた

贅沢なひと皿とか、もう、選り取りみどりに美味しいご馳走と、

うまい酒を、腹一杯、満喫出来た。

 

京都金閣寺の写真をバックにした「和食のNick-san」は、

ひときわの人気で、行列が絶えず、絶大な人気ぶり。

メキシコ生活の長い奥様とお嬢さんは“どうしてもお鮨!”

と、長い行列をものともせず何度も並ばれておられた。(笑)

 

最後には華麗な舞台で、マリアッチの演奏やら歌なども披露され、

メキシカーナの素晴らしい夜会を堪能する又とない機会を、

遠い南の国で経験出来大変嬉しかった。

 

オスカルさんどうも有りがとうございました。

ご馳走さまでした。