パラオ帰国便の”変更”の変更。

今年の3月のパラオのマンタ
今年の3月のパラオのマンタ

5月2日の帰国便を、突然、デルタが、

フライトをキャンセルしてしまったとかで、

その、あおりを喰らって、サトさんが、

帰国を4月30日に変更する、と連絡があった。

 

え、えッ!

それならば、私が一人だけ残るのもチョット、と思って、

私も変更しようとアシアナに問い合わせをしてみた。

 

ら、アシアナは、(月)又は(金)の週2便しか飛んでいないそうだ。

 

金曜日の前の便は月曜日。

 やむなく、4月28日(月)に変更して貰った。

 

が、あとで、落ち着いてカレンダーを見直したら、

4月は、29日が、新月で、5月2日までが大潮だ。

 

大潮ならば5月2日まで、海の中は賑やかだ!

 

サトさんも云われたように、

4月28日に帰国するためには、

せっかくの4月27日の “ぐるぐるマンタ” までも

キャンセルするッ?ッてことは〜〜〜?

今回のパラオ行きの一大目標をキャンセルしてしまう事になる!

それは〜〜〜、無い!無い!(笑)

 

突然電話を貰って、慌てて変更してしまったが、

どうやら、新月の大潮を堪能したうえで、

5月2日に予定どうりゆっくり帰国したほうが賢こそうだ。

 

と、再度アシアナに交渉したら、

年末、ギリギリの今日、座席の確保ができましたと、

OKの連絡が入った。

 

そんな事で、私は、予定どうり、再度、5月2日まで、

パラオに滞在することにした。

 

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢が、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島など

の絶海の孤島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

個々には、それぞれ

何回かずつ

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影』

する事だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

  知られていない島で

   ダイビングする

     ことだ。

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 私の夢 』