“マダムバタフライ”ゆかりの地。

ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒル
ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒル

名古屋に勤務されていた時に、

すっかりお世話になった映像のお師匠さんから、

思いがけなく電話を頂いた。

 

名古屋の放送局の一線で働いておられただけに、

毎日が多忙で、だから、それでも、小牧空港で、

ヘリコプターの勤務のある前の晩でも、遅くまで、

空港のそばのホテルで、さまざまな撮影器材のことや、

高度な編集ソフトのFinal Cutの編集の仕方など、

伺っても伺っても、私には半分も理解できない難解な事柄を、

噛み砕いて、熱心に教えて下さった熱い “お師匠さん” だ。

 

長崎に転勤になられて、全国放送の折りは、時々、連絡を、

下さったが、最近、やっと幾らか時間にユトリが出来たとかで、

旅にでられそうだと,そんなお話だった。

 

最近の撮影器材のことなどお話ししているうち、

話題は尽きず、次から次と話が長くなるし、

私も溜まりに溜まった撮影に関わることなど、

幾らでも話したいことがある。

 

で、是非お目にかかりお話を伺いたいと、ご都合を伺ったら、

20日以後なら都合がつきますヨとか。

 

私は、26日は東京でSDCの新年会があり、

東京で5泊決めてしまったところだ。

 

シメタッ!

電話をすぐ切って航空券とホテルの手配をした。

 

調べた全日空の航空運賃の高いこと!

えエッツ!!!長崎まで、ローシーズン価格でも、

片道2万5千円。

往復で5万円!?!?!

 

チョット足せば東南アジアに、

一週間タップリ潜りに行けるじゃないか!

 

が、”一休”で探したら、う〜ん、ホテルは、

イイね!が見つかった。

 

 

「長崎南山手は、その昔、外国人居留地だった町。

大浦天主堂やグラバー邸をはじめ、

開港時を偲ばせる洋館群が建ち並び、

今もロマンティックな異国情緒を漂わせています。

 

そんなエリアに、21世紀型の新しいホテルとして

ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒルは誕生しました。

 

設備や施設は、どこまでも最新のスタイルで、

おもてなしの心は、限りなく長崎情緒にあふれ、

ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒルならではの、

ファーストクラスのくつろぎを、ご用意いたしました。

 

長崎の旅の起点に、華やかな一日をお過ごし戴けますよう、

真心を込めて、あたたかくお迎えいたします。」

 

と、あるのを見つけた。

 

もうひとつラデイソンという新しそうなホテルが、

あるにはあったがヒルというからには港の見える山の手だろう。

 

障子紙を破き、障子に穴を開けて、港を覗きながら、

ひと晩中、ピンカートンの帰りを待ちこがれた

いじらしい蝶々さんの気持ちを偲びたいと、即、決断した。

 

 

三日もお師匠さんに長崎の案内を頼む訳にはイカン。

あとは自分で廻れば良い。

“グラバー邸”とあらば、

ナントしてでも行って是非マダムバタフライを堪能してこよう!

 

「さっそく長崎行きの手筈が整いました。

“お師匠さま”をお使いだてして誠に申し訳ありませんが、

ご迷惑と存知ますが、空港でピックアップよろしくお願いします。」

と、厚かましさ丸出しのお願いのメールをしてしまった(笑)

 

嬉しいことに「承知した。お任せください。」と、

iPhone からすぐ返事が入った。

 

ワーお! “マダムバタフライ” ゆかりの地に、

全く、思いがけなく、旅に出られることになったゾ!

 

 

胸がワクワクしてきた。(笑)

 

 

 

 

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

その、描いた夢が、

有り難いことに、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おもえば、おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

ガラパゴスだけなら

2014年の秋に

4度目が

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影する事』

だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 願い続ければ

 夢は必ず

  実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

   知られていない、

    スペインと、

  ポルトガルの沖合の

   東大西洋上の島で、

    ダイビングする

     ことだ。