あと二人の救出を願ってやまない。

我が家では、倅や、娘たちの家族たちが、毎週末、

我が家に集まって、ワイワイ言い乍ら、家内の作る晩メシを、

食べているが、そんな時、

私のダイビングの話など、普段は話題にもしない女性軍が、

“バリでダイバーが大変ね”とか、

“そうね” “その後どうなったのかしら?”

などと言い出した。

 

彼女たちと違って、私は殆どTVを見ないので、

事件があっても、新聞で報道されるまで、直近の情報に疎い。

 

“なんの事?”と聞いて、

 

“昨日の14日に、バリ島で、ダイビングしていた、

日本人女性7人の行方が分からなくなった。

とニュースがあったわヨ。”

 

と言うことがはじめて判った。

 

慌ててパソコンを開き、新聞やTVの報道を調べて

今度の事件を知った。

 

かなりのベテランと報じられるダイバーが、

インストラクター2名と共に、行方不明になったというのだ!

Face Bookを覗いてみたが、

それらしい事は話題になっていないようだ。

 

私も何度も潜った事のある、

確かに流れは強かったが、あのレンボンガンで、

一度に、7人全員が、行方不明になってしまったとは!

 

行方が不明になったあと、

すでに、15日、16日、17日と、捜索が続けられるも発見されず、捜索も打ち切られる!

との報道も流れはじめ、ひと事ならず、胸を痛めていた。

 

そのダイバーたちが、発見されたというニュースが

以下のように報じられとりあえず、ホットした。

 

 

17日午後4時頃、消息を絶ったレンボンガン島

北側の海域から、南東に約30キロ離れたペニダ島の岩場で、崖にしがみついた状態で、

浮上する合図に使うフロートを振るのを、

捜索中のダイバーが発見しインドネシア人男性が、

海に飛び込み、自力では立ち上がれないほど、

衰弱していたダイバーを保護した。

生還者の証言として漂流後の様子などを一部明らかにした。

「現場付近の海域には複数の潮流があり、

その一つに乗って長い距離を流されたと思われる」

 

船と合流できなかった2月14日、

7人は一緒に漂流しながら水上で過ごしていたが、

翌15日になって、潮に流され、

7人は、途中で離れ離れになってしまった。

14日の夜は、暗闇の海を漂い続けた。

5人は15日以降は、葉についた水滴を飲んで、

岩場で救助を待っていた。

18日未明から残る2人を救助するため、

海軍の艦艇2隻が捜索を実施している。

 

が、情報が、寄せられた現場海域は波が高く、

岩場に近づけない状態だが、5人が見つかった現場近くに、

居る可能性もあるとみて18日朝から捜索を再開し、

発見に全力を挙げ、地元ダイバーたちも、

18日朝からこの岩場付近を中心に捜索を行っている。

 

 

と報じられている。

 

あと二人の救出を願ってやまない。

 

 

 

 

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢が、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島など

の絶海の孤島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

個々には、それぞれ

何回かずつ

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影』

する事だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

  知られていない島で

   ダイビングする

     ことだ。