経済的損失は大変だったが、@Tonga

昨日閉め切りギリギリにSDC(シニアダイバーズクラブ)の原稿を、

送ったところ、今朝、もう木藤さんから会報の原稿を割り付けしたゲラが、

メールで送られてきた。

 

さっそくダウンロードして見てみたら、

原稿を書くのに四苦八苦して2〜3週間たっぷりかけたのに、

ナントもう殆どイメージどうりの会報のテンプレートに収まっていた。

 

手早い”技”に驚いた。

 

トンガタブの座頭鯨の原稿も以下のように、

写真の配置の位置まで、殆ど指示どうりに仕上がっていたので驚いた。

 

*  *  *

 

 Kingdom of Tonga の 座頭鯨

2013年9月26日〜11月7日)

 トンガ本島のもうひとつ先にある、

此の頃有名になってきたババウ諸島の海と違い、

この時、訪れたトンガタブの海では、目の前で、

爆弾が破裂するような音を立てて、

鯨が、突然 どッかん  どッかん と、

浮かび上がって来て、そのさまは、

身の毛もよだつ凄まじさだった。

 

 想像を超えるでかい鰭や、

若葉マークのような形をしたドでかい尾鰭が、

鯨が急潜降するたびに巻き起こす複雑な激流に、

巻込まれそうになる恐怖は半端ではない。

 

 この時に撮ったビデオは、大波で揺れたせいも、

勿論あるが、怖くて必死に逃げ廻ッた為、

もう、ユラユラに揺れて、

まともに見られたものではない!(笑)

 

  そうは言っても私のワイドのビデオは、

余程相手に近かづかないと画面一杯にリアルな映像を

撮る事が出来ない。

 

だから、撮影を何回も繰り返しいるうちに、私自身は、少なくとも3~5mは、鯨から離れて、

身の安全をキープしているつもりだったが、

 

イマエダさん、あんなに、接近して、

怖くはなかったですか?と、

あとで1mくらいの近さだったとガイドに云われ、

そんな無防備な自分が信じられなかった。

 

  おかげで、撮った映像の出来の良さが、

比類のないものかどうかは別にして(笑)

自分としては、これ以上リアルな鯨は、

もう撮ることは絶対出来ない!と、

確信出来る程の、そんな出来だった。(笑)

 

 このあとオーストラリアのシドニー沖や、

メルボルンの南に、さまざまなクジラを撮りに行く Around South Pacificの旅の手筈は整えてあったが、

今回、体験した以上に、クジラに接近しながらの撮は、もう不可能だ!

 

もうこれ以上クジラに接近しながら撮影を続けるのは、シロウトの域を越す。

私には、もう無理だ!危険すぎる!危険だ!

もう止めよう!

 

と、腹を括り、続ける意志は充分あったが、

身の程を弁え、南オーストラリアでの「鯨を撮影する旅」は、中止する事にし、帰国することにした。

“バリ島での遭難事故”で、7人のダイバーが流され、

59歳の女性が亡くなった。

インストラクター一人が、未だに行方不明だという。

 

どういう状況のなかのダイビングの遭難であったか、

いまひとつ詳らかではない。

 

トンガのあとオーストラリアの旅を中止して、

航空券、しかもビジネスクラス!や、ホテルのキャンセルチャージ、

その他、あの時は、多大な経済的損失を蒙って落ち込んだ。(笑)

 

が、私の場合、シドニーやメルボルン沖のダイビングを、

思いきって断念して、それで良かったのだ!

 

結果的には無理しなくて良かった!

 

と、今では思えるようになった。

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢が、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島など

の絶海の孤島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

個々には、それぞれ

何回かずつ

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影』

する事だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

  知られていない島で

   ダイビングする

     ことだ。

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 私の夢 』