コメントが、 あまりにも少ない。

「バリ島で有った事故から学び、SDCの安全潜水活動に役立てたい」 とSDCの会長からメールが届いた。

まことに時期を得た素晴らしい企画だ。   

 ちょっとネットで調べてみたら、2/22を最後に、

読売、朝日、産経その他、各紙とも、

既に過去の事件のひとつとなってしまているようだ。

 

NHKすら『バリ島 ダイビング 遭難』と、

キーワードで検索をしても出て来ない。

私は、会報をまるまる一冊『遭難しない為の』“特集号”に

纏めて貰うだけの価値があるように思うしSDCの皆さんも他の書物では得られない貴重な情報を、親しみやすい“会報”から得られ、よろこばれるのではなかろうか? 

           

「遭難しない為に」SDC会員全員の為にも                理論武装をなさっておられる会長が中心になって、

是非SDCの総力をあげて纏め頂けると有難い。

何か私で役にたつことがあるなら、 微力ながら,よろこんで

WE do for SDC ! させて頂こうと思う。

 

2月24日の私のブログで、自分を戒める為に、

私自身が、「遭難しない為に」は、どうしたらよいだろうか?

バリ島の遭難事故から学ぶことをいろいろと考えて見たばかりだ。

 

が、あの時も困った。が、

 

いざ「遭難したら」どうしたらいいか? 

これがなかなか一番難しい!

 

「遭難しない為に」という理論と、

実際に「いざ、遭難したら」とは、違うに違いない!

 

どう違うか?これが知りたい。

 

遭難を実体験をしたダイバーでなければ実際のところ、

どうしたらよいか?どうしなければいけないか?

判らない事があるのではなかろうか?

 

例えば、フロートを挙げるのだって、イザ自分がやってみると、

ガイドさんがあんなに無造作に挙げられるのに、

挙げられないことに気がつく筈だ。

挙げるあの時に、必要なフロートの紐の長さが、7m以上必要だ。

と知っているダイバーが一体どれだけいるだろう。

皆で流された時、見失わないよう、あるいは疲労で意識がぼんやりした時に、お互いを繋ぎ合わせる紐として、7mあれば役に立つ!

と云うことは、今回の5人助かった事でも、もし、全員、フロートの紐が7mあれば、

あとの二人も繋がって居られ助かったかも!

岩をよじ登る時にも、59歳でも引っ張り挙げられたかも知れない。

 

そう云った意味で、今回の遭難で、

「助かった人のコメントが、あまりにも少ない。」

何を畏れて発表を躊躇したのだろう?

 

めいめい違った想いが、

今後、遭難するかもしれないダイバーたちの

どれだけ役に立つ貴重な情報となるか判らないのに〜〜〜〜〜。

もっと、「実情が」知りたい。

 

私が、流され、遭難した時に助かる為に〜〜〜〜。

 

 

*ショップも稼ぎたい。ダイバーも潜りたい。その3本目。

ホントに潜ってもよかった状況だったか?

*エントリーしようとした時の、海況の状況は?天候の状況は?

 その前に、

*ボートマンは、本当に”知識充分”の、”信頼”のおける

キャプテンだったか?

*ショップと長い付き合いがあったのか? 

*”命を預けられる” 信頼関係にあったのか?

(ガス欠で給油した時にすら、救援を依頼しなかったという)

*エントリー直後の各ダイバーの状況は?

*異変に気がついたキッカケは?誰が?いつ?

*どういう異変が生じ、どうしてその異変に気がついたのか?

*それで、その異変に対して、どう対処したのか?

*7人は、固まって居れたのか?                     眠かったり意識が薄れて、手を離したりして、離ればなれに、       ならなかったのは?

*ドンドン時間が経つ!どうしたか?どうしようとしたか?

*どうすれば助かると思ったのか?

*朝、昼、晩、と長時間、発見されず、流されている時、

 一番困った事は?

*”フロートを7本挙げて”流されたら、目立つ。             なのに、見つけられなかったのは?

*漂流中はBCを膨らませるため必要と思われるが、           そのタンクは何時捨てたのか?インストラクターの指示は?

*岩をよじ登る時の状況は?不明の二人はいたのか?波に攫われた?    タンク(空気)があれば浮く筈。スノーケルとマスクは?         その時、インストラクターの指示は?

*海中で、皆、離れない為にどうしたか?

*死んだ50歳のダイバーと、不明のインストラクターとは、

いつ離れたのか?何故離れたのか?

 

 

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢が、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島など

の絶海の孤島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

個々には、それぞれ

何回かずつ

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影』

する事だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

  知られていない島で

   ダイビングする

     ことだ。

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 私の夢 』