ダイコンの電池交換(友達の環)

 

From Palau, Day 13, @ Meyuns Condominium,

 

 

パラオは南国の筈なのに雨が降ったり寒さに震え上ったりする日が、

今年は結構多い。

 

が、素晴らしい眺めのコンドミニアムを1ヶ月間、借り切って、

今のところ楽しくダイビングの日々を送っている。

 

ところが、あいにく、ビデオカメラに装着する、コンピューターの、

電池が切れてしまった。

 

困っていたら、有難いことに、

まもなく日本に帰る東京在住のゲストの安藤さんが、

 

 “4月2日でよかったら、そのコンピューターmic21の品川店まで

届けてあげる”

 

と云って下さり電池交換をして貰えることになった。

 

あとは、電池交換が済んだあとで、パラオに来られる方に、

“パラオ迄運んでもらえれば助かる”

ンだけれど。と、今回ご一緒したサトさんに相談した。

 

ら、彼のフィアンセが4月12日に成田を出るので11日迄に、

彼女宅迄届けば持参出来るということになった。

 

さっそくmic21の金子君に是非11日迄に交換してくれと、

メールをした。

 

普通2週間はかかる交換、たった9日では、

物理的に無理だろうとは思ったが、

金子君なら何とかしてくれるような気もする。

 

うまく11日までに交換 が済むのを祈るばかりだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢が、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島など

の絶海の孤島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

個々には、それぞれ

何回かずつ

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影』

する事だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

  知られていない島で

   ダイビングする

     ことだ。

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 私の夢 』