まるで小料理屋 (笑) 

 

今までホテル住まいしかしたことが無かったパラオで、

食事をすることについて心配などした事が無かった。

 

朝めしはホテルのレストランで毎日済ませたし、

夜も、誘われたり、パレイシアの周りに食べるところは幾らでもあった。

雨が降ればルームサービスを取ればよかった。

 

が、今回、パラオで長期滞在するに当って、

SDCの新年会で、アパートで、食事はあなたがお造りになるの?

と指摘されて、ハタと困った。

 

アパートを苦労の末やっと見つけたものの、

Meyunsのあるアベラカサン島は陸の孤島のようなところで、

見晴らしこそ素晴らしい山の手で、

レストランだとかコンビニのようなところすら、一軒も無い。

 

BMのゲストのデルタのCAをしているカレンさんの縁で、

タイのチェンマイに当時滞在していた、

元BMのスタッフの紹介で,

今もインストラクターをしている女性のIkuさんを紹介してもらって、

頼む事にした。

 

そんな事で、一番心配していたMeyungs condominiumでの、

アパートでの食事の心配は無くなった。

 

そのIkuさんが、ダイコンと鶏ももの煮込みとか、

ごぼうや人参の炊き込み、などなど、

ビールの摘みにもぴったしの総菜を毎度造ってくれるので、

まるで小料理屋。

 

朝めしもチーンとやればホッカホカのご飯に、

シジミのみそ汁に納豆。

 

腹一杯、元気一杯で、ダイビングに出かけられることになった。

 

日々最高!

 

Iku さん、有り難う。

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

その、描いた夢が、

有り難いことに、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おもえば、おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

ガラパゴスだけなら

2014年の秋に

4度目が

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影する事』

だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 願い続ければ

 夢は必ず

  実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

   知られていない、

    スペインと、

  ポルトガルの沖合の

   東大西洋上の島で、

    ダイビングする

     ことだ。