まるで小料理屋 (笑) 

 

今までホテル住まいしかしたことが無かったパラオで、

食事をすることについて心配などした事が無かった。

 

朝めしはホテルのレストランで毎日済ませたし、

夜も、誘われたり、パレイシアの周りに食べるところは幾らでもあった。

雨が降ればルームサービスを取ればよかった。

 

が、今回、パラオで長期滞在するに当って、

SDCの新年会で、アパートで、食事はあなたがお造りになるの?

と指摘されて、ハタと困った。

 

アパートを苦労の末やっと見つけたものの、

Meyunsのあるアベラカサン島は陸の孤島のようなところで、

見晴らしこそ素晴らしい山の手で、

レストランだとかコンビニのようなところすら、一軒も無い。

 

BMのゲストのデルタのCAをしているカレンさんの縁で、

タイのチェンマイに当時滞在していた、

元BMのスタッフの紹介で,

今もインストラクターをしている女性のIkuさんを紹介してもらって、

頼む事にした。

 

そんな事で、一番心配していたMeyungs condominiumでの、

アパートでの食事の心配は無くなった。

 

そのIkuさんが、ダイコンと鶏ももの煮込みとか、

ごぼうや人参の炊き込み、などなど、

ビールの摘みにもぴったしの総菜を毎度造ってくれるので、

まるで小料理屋。

 

朝めしもチーンとやればホッカホカのご飯に、

シジミのみそ汁に納豆。

 

腹一杯、元気一杯で、ダイビングに出かけられることになった。

 

日々最高!

 

Iku さん、有り難う。