羨ましい“晴れ晴れ女”ぶり。

From Palau, Day 28 @ Meyuns Condominium   

 

 

満月の大潮も終わったので今日は久しぶりに一週間ぶりに休日を取った。

 

ダイブコンピューターを、先日、品川のmic21へ届けて頂いた安藤さんにおかげで電池交換が済んで、無事パラオに戻って来て、日々使えるようになった旨お礼のメールをしたら、天気も回復しユーカクで20枚もの補食マンタが見られてよかったですネ。BMHPで見ましたヨ。と連絡を頂いた。

その中に、もう私の薄れゆく晴れ女の威力は必要ありませんね(笑)。

(私はお会いしたことはないのですが)ミキさんに、

“晴れ女”のバトンを受け取っていただき云々〜〜〜。とあった。

 

その、ミキさん。

“バトンを受け取っていただきありがとうございました”と、

安藤さんからの伝言ですヨと、伝えたくても、その彼女、

 

1日目は、ユーカクで20枚のグルグルマンタをたっぷり、

2日目は、ペリリューも激流の中で、もの凄い大群の、

     ロウニンアジに果敢にチャレンジし、

3日目は、北のテールトップに遠征、深海から湧き出て来、

     キラキラと煌めく俊敏な動きのロウニンアジたち    

     をたっぷりと堪能。

 

しかも、初日のグルングルンと豪快に乱舞するマンタに加え、

2日目は、ジャーマンで、

3日目は、テールトップのマンタポイントで、でかいオニイトマキエイと、

3日連チャンで見続けて、定番のブルーコーナーすら訪れもせず、(笑)

サット今朝の早朝ご帰国なさってしまわれました。(笑)

 

おまけに、あんなに鬱陶しかった雨まじりの天気が、

彼女もやっぱり“晴れ女”だったとみえ、毎日カラリと晴れわたるしまつ、

幸運な“晴れ女”は、もう、どうしようもない!(笑)

 

と、羨ましい程の“晴れ晴れ女”ぶりを発揮されて帰国されました。

チンタラチンタラと長居して空を眺めて居た我々は一体なんだったんだろうと冷静になれませんので頭を冷やして帰国後“伝言をお伝えします”

 

ご勘弁下さい。(笑)