躍動するマンタたちを独占。

 

from Palau,Day38.@ Penthouse,Koror.

 

素晴らしい、これぞパラオの乾期の天候!に 恵まれた

ユウカクチャーターの最後の日。

 

いつになく高揚した気分で期するところがあッたが、

やはり、当たり!だった。

 

マンタの生態を極める学者のマンデーさんの船が、

潮に合わせピタリ13時頃やって来た。

 もうこれだけで今日のマンタは間違いなし!と、

確信!!!

 

いったん彼等がスノーケルをしていたところを通り過ぎたが、

ほかには見あたらず、戻り、潜ッた。

 

他に邪魔するダイバーも全く居らず、

編隊が、左に、右に、と躍動するさまを独占出来、

ご機嫌なダイビングだった!

 

前日は、沢山の船とダイバーで編隊は蹴散らかされ、

グルングルンはたっぷり撮れたものの、

少し燃焼不満だったが、

その分、今日は、たっぷり満喫出来た。

 

 

 

 

 

 

 

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

その、描いた夢が、

有り難いことに、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おもえば、おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

ガラパゴスだけなら

2014年の秋に

4度目が

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影する事』

だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 願い続ければ

 夢は必ず

  実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

   知られていない、

    スペインと、

  ポルトガルの沖合の

   東大西洋上の島で、

    ダイビングする

     ことだ。