来年もまた今頃パラオを訪れたい。

すっかりお世話になった皆さん。
すっかりお世話になった皆さん。

 

  From Palau, Day43. @ Dragon-tei, Koror,Palau.

 

目下、ゴールデンウイークの真っ最中で、

毎日、大入り満員御礼の続くBM。

 

それでなくても普段から忙しいBMのスタッフの皆さんに、

私の最終日の打ち上げに集まって頂けるか、

チョット心配していたのだが、

トミさん、ユーさん、ハナさん、

それに、今回も随分と世話になったパラワンの

ガイドのクレイトン、ジョーダン。

 

ほんとはキャプテンのアノちゃん、

ガイドのフレイブにも来て貰いお礼がしたかったのだが、

どうやら用事があったらしく残念だった。

 

ほかにもゲストのヨシコさんに、

デルタのユーコさん、カレンちゃんと、

賑々しくドラゴン亭に集まって下さり、

呑み、且つ喰いの楽しい最後の晩を過ごす事が出来、

大変、嬉しかった。

 

3月20日から5月迄の45日間。

 

ロングステイしたつもりでも、

過ごしてしまうと、長いようでアッという間に過ぎてしまった

パラオの滞在だった。

 

その間、3月の新月まわりと、4月の満月と新月まわりの、

ユーカクへの3度にわたるチャーターを中心にして、

ペリリューをはじめ、あちこちで、

素晴らしい至福のダイビングを体験させて貰えた。

 

それに、記念ダイブの打ち上げだとか、ナンダ、カンダと、

適当な「冠」をつけては、呑みに、喰いに、通った、

あちこちのレストラン「夢」とか「スリオタイ」とか「タージ」とか、での幾晩かは、忘れられない楽しいパラオの夜でもあった。

 

毎回BMで潜る事を楽しみにしておられるゲストが、

立ち代わり入れ替わりパラオに来られ、それぞれ楽しんで帰られた。

おかげで大勢の皆さんと顔なじみになりお知り合いにもなれた。

 

 

はじめてのコンドミニアム滞在の相棒のサトさんが、

途中、耳を患われて、突然、無念の帰国をされてしまったのは

残念至極であった。

 

が、最後の新月まわりの大潮のとき、

4日も続けてユーカクにチャーターボートを出してもらい、

グルングルンと舞い狂いながら補食する、

エキサイテイングなマンタたちを撮影する事もでき、

そのサトさんを、猛烈に悔しがらせる「みやげ話」も出来た(笑)

のも何によりの収穫だ。(笑)

 

また、来年の今頃、是非パラオを訪れ、

ダイビングの日々が送れる事を願ってやまない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢が、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島など

の絶海の孤島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

個々には、それぞれ

何回かずつ

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影』

する事だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

  知られていない島で

   ダイビングする

     ことだ。