リニア中央新幹線の 入り込む隙きが無い。

 

銀座のPaul Bocuseに誘って頂いた晩に泊まる

東京駅に直結したホテルに、

眺望のいい南側の高層階をリクエストしておいた。

 

ら、遥かレインボーブリッジから汐留や、丸の内の、

巨大なビル群は勿論のこと、

六本木ヒルズから都庁の奥に奥多摩方面まで望めそうな、

絶景が眺められる、ズバリ、33階の部屋に通してくれた!

 

眼下には、見事な程にギッシリ並んだJRのプラットホームが、

ずら〜り。

 

左から三列目までが東海道山陽新幹線、

4列5列目が東北上越長野新幹線、

6、7列目が東海道本線、

8列目が京浜東北線の南行きと山手線外回り、

9列目が京浜東北線の北行きと山手線内回り、

丸の内のステーションホテルよりの10列目が中央本線。

 

と、窓際に置いてあった“眺望のご案内”を見て判った。

 

何十両も連結した長大な列車が、

数分置きに到着したり発車するさまは、実に見事だ。

 

日本が世界に誇れるもののひとつではなかろうか!

 

しかし名古屋から40分程で東京に行け、今度開通する

“夢の超特急”リニア中央新幹線のプラットホームの、

入り込む隙きが、これでは無いではないか!

 

そういえば品川が始発?とか?

 

さもあらん。(笑)