おおいに楽しめた。

ひょんな事で新国立劇場へ行くことになった。

 

私が時代遅れだっただけかも知れないが、

日本の今の劇場は凄い!

 

イタリア語の原語による公演だったが、

舞台の脇に「日本語訳」が逐一表示されるようになっていた。

それに、オーケストラピットの両脇に鉄橋のようなものが配置されて、むしろ、観客席と舞台を融合するような華やかな新しい演出で、

名古屋から出て来たばかりの田舎モンは、もうビックリだ!(笑)

 

何度もDVDで見ているので、粗筋は、大体呑み込んではいたが、

とてもいい席が取れたこともあり、予想以上に細やかな表情も掴め、

しかもタイトルロールは(肉食系の)海外の方だったので、

やはり “声に馬力が有り” 

想定外に楽しめた。