無念! ああ無情。

敗退でピッチに座り込む選手たち。
敗退でピッチに座り込む選手たち。

 

 

 パソコンに「かんぱい」と入力すると、

「乾杯」と変換してしまう。

朝起きた時までは、そのつもりでいたが、

「完敗」してしまっては、その気にもなれないと、

新聞のコラムに皮肉たっぷりに書いてある。

 

 サッカーワールドカップブラジル大会で日本代表が、

初戦をコートジボアールに、第2戦をギリシャに破れたうえ、

3戦をコロンビアに1−4で敗れ、2大会連続の決勝トーナメント

進出は夢と消えてしまった。

 

 ネットで見る各紙の論調も参戦前とは、

ガラリと変わってしまった。

 

“よもやこれほどまでの辱めを受ける屈辱的惨敗になろうとは…。”

 

と云った具合。

 

 別のところには、こんな事も書かれていた。

 

 “史上最強のメンバーで出場!” と、マスコミに囃され、

すっかり、その気になって出場したところに、初戦から敗れる

原因があった。

 

 今回のメンバーたちは、確かに今までの日本の選手の中では、

「史上最強」であったかもしれないが、彼等は『世界の強豪』たちに

伍して闘える「史上最強」の選手たちであったか?

 

ミランや、マンチェスター、インテル、で多少活躍し

(日本のマスコミ報道では)注目されたとはいえ

主力選手として待遇されておりもしない日本人選手を揃え、

「史上最強」のメンバーだ、と囃し立て、その気にさせて

送り出したところに、そもそも敗因があった。

 

喰いっぱぐれなく生き抜く為に、喰うか喰われるかで身体を張って闘う

“猛者揃い”の選手たちばかりで組み上げられたチームで、

もともと太刀打ち出来ない相手チームを、

 “俺たちらしい自分たちのゲームの進め方でやれば『勝てる!』” 

などと、あなどって対戦したところに敗因があった。

 

などと、手厳しい。

 

結果は結果として、全身全霊のプレーで、

力一杯闘っただろう選手たちがピッチに座り込む無念さのにじむ

写真が無情だ!