押しの一手で頼み込む 。

虚しい戦果で落ち込んでブルーな気持ちで滞在していたCandidasaのResort
虚しい戦果で落ち込んでブルーな気持ちで滞在していたCandidasaのResort

 

 

 昨年2013年の11月、オスカルさんに、

ソコロへ行かないかと誘われた時、どうせだから、それならば、

スターアライアンスのアラウンドパシフィックを使って、

気侭に、あちこち南太平洋をグル〜リと巡る、

壮大な旅にしようと計画し出かけた。

 

その時、オークランドからトンガへ周り、

クジラを撮りにTongataphへ行く途中、

丁度「マンボウに出合いやすい日程」にうまい具合に

2週間ばかりが重さなるのでCandidasaへ、

マンボウを撮影する為に寄り道をしたことがあった。

 

あの時、プライベートボートを頼んでMinpag, Tepekongを、

殆ど毎日のように攻めまくったのに

虚しい戦果で大変残念った!(笑)

 

チャンスが有ったら、また、今年、再度チャレンジしようと

思っているのだが、今年の7月からの戦況はどんなもんだろう?

 

高橋さんのところの「マンボウに出合いやすい日程表」

HPで見ると、今年の第4週は、

8月24日から5日間と記載されていた。

丁度新月まわりの大潮の時にあたる。

 

今年は久しぶりに、Maldivesで、8月7日からクルーズをし、

少なくても21divesした後、Sri Lankaの東海岸で、

マッコウクジラたち(ひょっとしてシロナガスクジラも!)

と潜ったあと、8月23日(土)深夜CMBを発ちSIN経由、

その足でCandidasaに直接入る予定をしている。

 

そんな都合もあり、どうしても、

予想日の初日、24日(日)夕方にしか

Candidasaに入れない。

 

昨年は8月20日にパタンバイで、

前日に、チェックダイビングをし、

規則どーり、翌日からTepekong, Minpangに参戦した(笑)。

 

頑固な高橋さんだから(笑)今年も、ダイビングを開始する前日に、

チェックダイビングを必ず!と云うだろう。

そうすると私がマンボウに遭えそうな日は、

あと26、7、8と、3日しかない!

 

基本的に、すべてのダイバーは、

ダイビング初日は、チェックダイブを選択」

という鉄則を、大変恐縮だが、曲げてもらい、

ご勘弁願うよう頼み込むしかない!

 

8月29日(金)に、SIN経由で帰らねば、

航空券の有効期限が一ヶ月なので、延長すると、

YクラスならともかくCクラスともなると、

フライトの料金がググンとアップし、

年金暮らしのアラココ(後期高齢者)には大いに辛い。(笑)

 

頑固一徹な高橋さんを口説き落とし、

押しの一手で頼み込むしかないナ!(笑)

 

 

 

 

 

マンボウマンボウ

 

 

 

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

その、描いた夢が、

有り難いことに、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おもえば、おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

ガラパゴスだけなら

2014年の秋に

4度目が

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影する事』

だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 願い続ければ

 夢は必ず

  実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

   知られていない、

    スペインと、

  ポルトガルの沖合の

   東大西洋上の島で、

    ダイビングする

     ことだ。