最も不道徳な男.

 

 

 

おい、今、パガニーニが評判だぞ!

「どうだ、行かんか?」と友人から誘われた。

 

パガニーニと聞いても、その名前と、

超絶技巧でバリバリと弾ってのける凄いヤツだ、

くらいの知識しか私にはない。

 

Webで見ろと云うので覗くと、

「愛と狂気のヴァイオリニスト」だの、

「音楽史上、最も不道徳な男が奏でる、最も美しい旋律」

だの 、やたらに “狂気”だの “不道徳” などという

コピーが目につく。

 

実は、私は、その “狂気” だの,

“不道徳”  などという、それに “超弱い” のだ!(笑)

 

二つ返事で出かけた。(笑)

 

呑んだくれたパガニーニが、

もうもうたる煙と退廃的なムードたっぷりのバーで、

弾いたヴエニスの謝肉祭で大喝采を浴び、

ロンドンでデビュー。

 

そのあとで演奏される自作のカプリースや、

私でも知っているLa Campanella,などの、

凄さまじい程の演奏ぶりに驚嘆した。

 

ロイヤルアルバートに王様を迎えて御前演奏した時の

堂々たる演奏ぶりが実に見事サマになっている。

見初めた令嬢に思いを込めたコロラチュアとの

デユエットのアンコールの時のハーモニーの美しさには、

正直、不覚にも、私は感激でウルウルしてしまった(笑)

 

こんなに見事にヴァイオリンを弾きこなす役者は、

一体どんなヤツだろう!

 

 

 

今日は、半年ぶり、否、もっとの、

久しぶりの映画館だったが、

大暑のなか、足を運んで良かった。満足した。

 

 

 原題は、The Devil’s Violinist(ドイツ映画)

その前代未聞の超絶技巧から 

”悪魔のヴァイオリニスト”と呼ばれ、

そのうえ、どうやら、想像以上に

最も不道徳な男だったようだ。 

 

 パガニーニは時の法王から、埋葬のミサまで拒否された!

と最後にクレジットされた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

   

          2020年

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始め

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢は、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

 

たくさんの夢が

叶った。

 

思えば幸せな

老後の

ダイビングライフを

楽しんで来られた。

 

今年『年男』を迎え、

今、願う私の夢。

 

太平洋、

大西洋、

インド洋など、

広い広い世界の海を

ダイビングをしながら、

 

そして、

北米

南米

ヨーロッパ

南アフリカ

中東

大洋州

アジア大陸

の6大陸の

世界の各地の絶景を

水中から

 

そして

ドローンを使って

空中からも

 

撮影しながら

巡る旅。

 

もし叶うことなら

OOOOOクラスを

使って

巡りたい

 

『世界1周の旅』 

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!