口惜しさいっぱいの一日。

 

Summer Holiday Day19th. From Sri lanka.

 

6時半に出航してから30分も経ったろうか、

スキッパーが大声をあげた、指差す11時の方向を見ると、

見事にでかい黒いシロナガスクジラの背が海面に盛り上がり潮を噴き上げている。

 

シメタッ!とカメラを取り出そうとすると、

右前方からも、左後方からも、ホエールウオチングのボートが、

10艘程、クジラめがけて、蹴散らかすような轟音とともに,

猛スピードで接近、あえなくクジラは姿を消してしまった。

 

それでも、今朝は、ナントいうことだろう、

シロナガスたちは、あちら、こちらと、

巨体を誇示するかのように潮を噴いて姿を現す。

 

その度に、嬌声をあげる観光客を満載したボートが、

スピードをあげ、轟音とともに追撃する。

 

これではシロナガスクジラたちもたまったもではないナ!

と、嘆かわしく思った。

 

ボートたちがタイムアウトで去ったあと,

静かになった数時間のうち、彼等は、たびたび水面に姿を現し、

昨日の映像を越える撮影が出来そうな予感がした。

 

 が、音を立てないようボートから飛び込みはするも、

我々が近かづくのを許さず、気配を感ずると、

忽ちテールアップし

深みに向かって消え去ってしまった。

 

10数回以上、試みたが、すっかりナーバスになってしまった彼等、

結果は同じで、我々の動きを察知すると、たちまちのうちに、

深海にきえさるのだった。

 

ああ、これでは明日からが思いやられる!

 

目の前に巨大な姿態を眺めながら、

彼等を撮影出来ない口惜しさいっぱいの一日だった。

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢が、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島など

の絶海の孤島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

個々には、それぞれ

何回かずつ

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影』

する事だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

  知られていない島で

   ダイビングする

     ことだ。