沢山の写真を有り難う。

撮影:鈴木美里
撮影:鈴木美里

 

スリランカの旅で、西北側のトリンコマリーから、

その後の旅に、参加された、それ迄、

スリランカの東南側で、独りで、旅を続けられていた、

随分アグレシーブな女性カメラマンから、

沢山の写真を送って頂いた。

 

早速、お礼のメール。

 

 

写真を“沢山”送って頂き有り難うございました。

知らぬ間に、こんなに沢山 “盗撮” されていたとは!(笑)

 

私は、普段でも猫背の自分を、気にしているので、

加齢で腰が前屈みになった ”己が情けない姿” を、

鏡なんかで見ては、いつもゲンナリし、

なるべく見ないようにして、

自ら気分が落ち込む事を防いでおります。(笑)

 

が、写真ですと、もう、弁解の余地無し!

申し開きの余地無し!

現実そのまま!(笑)

 

意地の悪い “家内” には、絶対見せられません!(笑)

 

我が意を得たりと、

また何を言われるか判りません!最低限、

『まさに、お歳そのものヨ!』

くらいのことは、サラッと言う ”手強い敵” です。(笑)

 

(お互いさまでしヨッ!と、私は、腹の内で思いこそすれ、

反論すればするだけ、波風が立つ我が家!(笑)

ああ、情けない!笑)

 

現実は現実として受け止めて(笑)

それだけに、サトミさん、沢山の写真を送って下さったおかげで、

スリランカのトリンコマリーの、楽しかった日々が蘇ります。

感謝に堪えません。

 

思っていた以上に、そして、サトミさんが参加されたあと、

スリランカで過ごした私の夏休み、充実した日々がおくれました。

おかげさまです。

有り難う。

 

私の撮った ”動画” は、自分では、不満足な出来で、

次の機会には、もう少しマシな映像を撮らねばと、

思っておりました。

が、、、、、、

 

(これ以降の事は、絶対、内緒ですヨ!笑。

 

“丸山さんのHPに掲載されているシロナガスクジラの動画より、

私の撮った動画の方が、遥かに優れている!“

 

と、帰国後、改めて彼のHPを見て、

自分なりに確信しております。笑。)

 

サトミさん、ホントに内緒ですヨ!

オトコとオトコの約束!

『オトコとオトコマエのサトミさん』との約束ですヨ!)笑。

 

シロナガスクジラの撮影については、

私なりの『秘話』がありますが、

ヤツとの対決については、相手にとって不足の無い相手として、

私の老後を賭けた、

 

(あなた、まさに今でしょ!と、

我が家の意地悪バーさんが、すかさず言いそうですが,笑)

 

ライフワークとなりそうです。

 

シギリアで、

”シロナガスクジラの撮影に関しては第一人者の写真家”

丸山さんが、本当に嬉しい事を私に云ってくれました。

 

『あれ程のシロナガスクジラを、しかも78歳で、

水中で撮影され、成功された例を私は知らない。

おそらく世界でも初めてではなかろうか。

ギネスもんですヨ』と。

 

 この(社交辞令の)お褒めの言葉で、

舞い上がった私が、トリンコマリーの帰路で、

チャレンジしたシギリアロックの登攀を、

極められた原動力になった事は、

間違ありません(笑)し、

彼も未だ、ご自分で、(写真は別として)

撮り得てない映像だと、認めた実感がこもっている言葉だと

(私は勝手に)解釈しているのです(笑)

 

あなたの写真が証明してくれています!(笑)

 

有り難うございました。

 

 

 

 

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢が、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島など

の絶海の孤島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

個々には、それぞれ

何回かずつ

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影』

する事だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

  知られていない島で

   ダイビングする

     ことだ。

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 私の夢 』