ライフワークになりそうな素敵な指針。

懇親会で酔っぱらってホテルに帰り、部屋から撮ったピンボケ夜景。
懇親会で酔っぱらってホテルに帰り、部屋から撮ったピンボケ夜景。

 

朝9時チョット過ぎに「SDC水中映像を楽しむ会」会場に入った。

すぐに、お世話役の海老原さんも来られ、

何かと気を遣って語りかけて下さり、

今回で、2回目の参加の新参者の私は、

少し緊張気味だっただけに大いに助かった。

 

先回のときも走だったが、今度の「映像を楽しむ会」も、

幹事さんが、度々ネジを巻かないと、

スケジュールされた時間が、ともすると足らなくなる程で、

会が始まってから夕方迄、ほんの僅かな休憩もそこそこに、

皆さんの水中映像を学ぶ情熱の凄さに、

驚かされた。

 

最近の私の悩みは、世界のあちこちを駆けずり回って撮り続けた

映像の、編集の仕方、纏め方が判らず、

このまま『作品』にせずに、撮ったままにしておいては、

『宝の持ち腐れ』になってしまうことだ。

 

そんな悩みを聞いて頂き、SDCの皆さんに、

いいアイデアを頂きたい、教えて貰いたいものだと、

今回、参加させてもらったのだが、

 

特に、大隅会長との、問わず語りのフリートーキングで、

悩みを聞いて頂いたりしたおかげで、

どうやら私の『ライフワークになりそうな素敵な指針』を

アドバイスして戴けた。

 

参加させて貰ってホントウによかった。

 

こんなに充実し緊張した一日を体験したのは、

ほんとうに久しぶりだった。

 

会が終わって会場をあとにした時は、

正直、もうグッタリ。疲れきってしまい、(笑)

すでに申し込んであった懇親会はギブアップ!

 

のつもりだったが、その懇親会の会場が、

私の予約したホテルのすぐそばの中華レストランだから、

是非!と、また、誘って頂き、急遽、参加させて貰った。

 

映像の大家の諸先輩のメンバーの、

(そうとうに煩るさ方の、笑、大石さんとか、高木さん、木藤さん、

 コジマさん、福田さん)

方々に、囲まれ、有益で愉快なひとときを“呑み且つ喰らい”、

すっかり堪能させて貰った。

 

又次回も是非参加させて頂こう。