都内では珍しいスペース。

都会のド真ん中に、こんなに広大な庭園をしつらえた、

戦前の宮様たちの暮らしぶりに想いを至らせると、

それはそれで、凄い物語だ。

 

戦後、没落したその宮家から、(多分)さほど莫大とはいえぬ額で、

土地を買いたたき、幾くつもの巨大なホテルを、ぶッ建てた、

西武の堤一族の華麗な物語も、凄ごそうだ。

 

が、時代が変わり、その一族が、

手放さざるを得なくなった(だろう)没落(?)の物語も凄そうだ。

 

そんな面影の偲ばれる豪壮な庭園の樹木に囲まれたホテルが、

チョット前までは、泊まろうとしても、余りに “お高くて” なかなか、

泊まれなかったが、今や、品川駅前に林立する巨大なホテル群の料金に、幾らか足すだけで、私でも泊まれるようになったことは、、、、

 

喜ぶべきことだろうか?

 

いつも世話になるmic21の品川店が、目と鼻の先きにあるので、

久しぶりに金子店長に逢い「お礼を言う」つもりと、

先月、スリランカを旅した水中写真家と、その時の女性と、

久しぶりにお目にかかり、夕食をご一緒しましょうということで、

今回も泊まったのだが、

都内では珍しい、いつまでも残したい、

失いたくない貴重なスペースだ。

 

が、リニア新幹線が開通すると、

もう、べらぼうに ”お高い” ホテルになってしまい、

”ご縁” が無くなってしまうだろう。(笑)

コイが悠々と泳ぐ池や、古いお社のある広大な庭園。
コイが悠々と泳ぐ池や、古いお社のある広大な庭園。