めくるめくクルーズの日々。

Galapagos tour. day11.

 

Cuosins Rock (Santiago) のモブラの群れに始まった日々のダイビングは、

やはり、ガラパゴスならではの、他の海では味わえないエキサイテイングなものだった。


息つく暇も無く次々と現れる、パシフィッククレオール、バーバーフィシュ、

ガラパゴスリングテイルダムゼル、キングエンゼルフィッシュ、レーザーサージョン、

コバンアジの仲間のステイールポンパーノなどの固有種の小ざかな達の、群れ群れが圧巻!


エキサイテイングなカツオの仲間のブラックスキップジャック、ツンブリ、カスミアジにカッポレ、ギンガメやバラクーダのもの凄く濃い群れたちにめくるめく。


次々とWolf島に現れる激流のなかのハンマーヘッドの群泳、

海面近くを群れをなして流れる、はっきりと金槌が見えるハンマーリバー。

あのシャイで臆病そうなハンマーヘッドが、

クリーニングをされている時に見せる表情を間近に見られる、そんな海域は、

此処以外、そうは無い。


でかいガラパゴスシャークが群れをなして近づき、ドッキリしたかと思うと、

マダラトビエイたちの群れがスイスイと優雅に目の前を飛び去る。

ひょうきんな表情ですばしっこく現れるアシカたち。

群れをなして急ぎ泳ぎ去るバンドウイルカの群れたち。

何処で見るヤツよりでかいDarwin島のジンベイザメ


私にとって圧巻だったのは、バリのテペコンやミンパンで、

この夏、あんなに待ち焦がれたマンボウが、

しかも飛切りでかいヤツが、5頭も!

小さなオチョボグチを開け、恍惚とした表情で、クリーニングされているさまを、

ジックリと撮ることが出来、大収穫だった。(笑)