MV Galapagos Skyについて。

Galapagos tour. day12.


今回利用したクラブアズールの社長の青木さんアレンジの

MV Galapagos Skyは、

以前のSky Dancer がリニューアルされたものらしく、

設備やクルーズとしてのたたずまいも整い、広さも充分あり、

エアコンも個室で自由に調節が出来、快適だった。


食卓のセッテイングも毎回行われ、ウエイターのサービスぶりも、

食事の内容もバツチシ。


キャビンのターンダウンも毎日キチンと行われ、

ダイビングが終わったあとには、乾いたバスタオルが、

スナックと共に毎回供され申し分無かった。


ナイトロックスも設備され、」無料で供される筈だったが、

キカイの調子が悪いとかで、下船の際、申し訳なかったと、

お詫びに、船のログ入りのポロシャツが配られ誠意が感じられた。


少し褒め過ぎかもしれないが、

ほとんど、今まで何度も乗って来たアグレッサーなみだ、と思えた。







 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢が、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島など

の絶海の孤島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

個々には、それぞれ

何回かずつ

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影』

する事だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

  知られていない島で

   ダイビングする

     ことだ。

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 私の夢 』