若い友人に教えられた。

 

『 沖縄の梅水晶と、波照間の角切り黒糖 』を送ったよ。


と言う、嬉しいメールが、

思いがけなくダイビングの友人から、

 数日前に届いた。

この春パラオのコンドミニアムに、

ロングステイした時、一緒した友人だ。


えエッ!と驚いた。

やっと最近、忘れかけていた(けど、絶対忘れられない!)

パラオで、一杯、飲るたんびに、持参した本人そっちのけで、

私ばかりが「お摘まみ」していた(笑)

アノ旨いサメの骨から造った梅水晶。

 

今でも忘れられない(笑)あの何とも言えない濃厚な旨い味の、

アレが、間もなく届く!


と、楽しみにしていた『沖縄の梅水晶』と

『波照間の角切り黒糖』が、

今日、昼前に到着した!


パラオに滞在していた、あの時、彼は耳を煩ってしまい、

最後までは一緒出来ず、途中で帰ってしまわれ、

それが残念だった。が、おかげで、

私だけが、マンタたちの珍しい補食シーンを心ゆくまで体験出来、

そのうえ大変貴重な映像を得ることが出来た。

 

あれは、いままでの私のダイビングライフにとって、

まさにエポックメーキングな経験をさせて貰えた

私にとって一生忘れられない貴重なダイビングシ〜ンだ。


その時の友人が、今になっても、忘れずにいてくれた、

こころ使いが大変嬉しい。

感謝に堪えない有り難いことだ。

彼を取り巻く大勢のダイビング仲間とも、彼を通じて友人になれたのも、

若いのに律儀な彼の性格がにじんでいるからこそだと教えられた。