悩みはON Seasonがパラオと同じ。

BMのゲストの皆さんと忘年会(日比谷北大路帝劇店)
BMのゲストの皆さんと忘年会(日比谷北大路帝劇店)


名古屋に数十年ぶりの大雪が降り、
TVでも名古屋駅上空から撮影した、
いかにも都会らしい高層ビルや線路に雪が積もった風景が、報道された。

東京も、高崎から帰った20日の夜、
あいにくの台風のような暴風と
氷雨が吹きすさぶ悪天候のなか、
日比谷の帝劇の地下にある「北大路」で、日頃、
パラオのBMで厄介になっている猛者(つわもの)たちが、
いつものBMで潜る時の、
アノ時の楽しさが忘れられず(笑)
忘年会をやることになり、サトさんをはじめ、
柳原さん、大野さん、エロかつさん(笑)
今田夫妻、鳥井夫妻、中障子夫妻、
カレンちゃん、畑さん、坂口さん、岸さん、
デルタのゆうコさん(今度ダイブマスターになったとか)
安藤さん、美喜子さん、などなど
大勢あつまり、ワイワイと楽しい「うたげ」となッた。

その席で、デルタ便で、
いつもパラオに通い詰めるダイバーたちの間で評判の、
カレンちゃんが、デルタ航空のCAをめでたく勤めあげ、
今日、卒業されたと、発表され、
いやが上にも「宴たけなわ」だった。

それにしても、これだけの皆さんが集まって
BMでのダイビングの楽しさを
「一晩中でも」語り合えるということは、
富永さんをはじめスタッフの皆さんが一丸となって、
その日その日のダイビングを心ゆくまで楽しんで貰おうと
気を使ってくださった、おかげだ。
本当に有難いことだし、凄いことだ。

私は、この夏、スリランカで、
シロナガスクジラに遭遇出来、
幸いにして貴重な映像を水中で撮影をすることが出来た。
そんなこともあり、
是非、もう少しましな撮影を、もう少しと、欲が出、
2〜3月をかけ、殆ど一ヶ月の余、
チャーターベースで、
ココロユくまでチャレンジしてみようと、
スリランカ人に頼んで独り出かけることにし、
今夢中でスケジュール作りをしている。

もう、いい加減、矛を収めるお歳頃なのに〜〜〜(笑)
性懲りも無く。もう最後だ!もう最後だ!と、
宣言しながら、次から次にと、
エキサイテイングな挑戦に挑む、
仕方のないイマエダさんだ。(笑)

だから、今度は、スリランカの有名な建築家、
バワの、手がけた
Jet Wing Light Houseとか、
Heritage Kandilamaなどという、
有名なリゾートでも、
ゆっくりするつもりをして計画中だ。

悩みは、ON Seasonが、パラオと時期が同じ。(笑)
が、4月には、是非またBMのみなさんの、
ご厄介になりたいと考えている。

それにしても、その時、皆さんから聞いたのだが、
随分とコロールの宿賃が
「お高く」ななったらしい!

美人に囲まれご機嫌のイマエダさん(笑)
美人に囲まれご機嫌のイマエダさん(笑)

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢が、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島など

の絶海の孤島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

個々には、それぞれ

何回かずつ

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影』

する事だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

  知られていない島で

   ダイビングする

     ことだ。