朝日はどう対応するのだろう?

  

日曜日の朝、早朝5時過ぎ
「人質」にした ”ふたりめの” 日本人の「ゴトウナニガシ」が、
殺害されたと報道された。

外務省は、シリア国内の治安情勢の悪化を受け、

シリアの日本大使館を閉鎖。
シリア国内に大使館がないことから、
渡航情報の中でも最も厳しい
「退避勧告」を出している。

にもかかわらず、このジャーナリストは「自分で責任は持つ」と
勧告を無視して入国したらしい。

ところが「日本人人質事件」の対応で苦慮している外務省が、
退避するよう求めている、そのシリアに、
また、「朝日新聞の複数の記者」が取材に入っていると、
他紙が報じている。

外務省は日本新聞協会などに対しても、
シリアへの渡航を見合わせるよう強く求め、
30日には、直ちに出国するよう要請したが、
朝日新聞は、『シリア政府が発行する取材ビザを取得した』
『現地の治安に責任を持つ当局の許可を受けたりした上での
取材』だと説明。

朝日新聞が、取材を命じたかどうかについての質問には
「回答を差し控える」と態度をはぐらかしていたとも、
報道されている。

紙面では「正当化」させるための「世論」を掲載もしている。
なんとなく、ああ、やっぱり!と思えた。

が、この記者たちが「また、人質とならぬよう」願うばかりだ。

が、もし、「人質」として捕らえらえたら、
朝日はどう対応するのだろう?