本人は満足(笑)




Sri Lanka Journey, Day 40.

Report of Charter Boat @ Nilaveli Beach, Trincomalee. Sri Lanka

from Bangkok.


3月の第3週の2日目。

ボートで水に濡れて困るものを置く前方の置き場は、
写真家の撮影機材で一杯で、

ほかのゲストは重いカメラを膝の上に抱きかかえておられる。


ボートの揺れは相当なもので、腰にも響き、痛みも予想以上で(笑)

私にはハウジングに入れた重いビデオを抱え続け

ボートの揺れに耐えるのは結構厳しかった。

やむを得ず船底にメッシュバッグを敷いて置いたのだが、

これがいけなかった。


ガタんガタんと揺れ続けハウジングのネジが、

あろうことか、皆、外れてしまい

締め直したが、どこかOリングの締めが緩んでいたのだろう、

無残にも初日1日使っただけで、水没してしまった。


予備のデジカメで残りの日を悪戦苦闘してみたが

馴れていないせいで

シロナガスの全身だけはチャンスはいくらでもあったのに

トリンコに来てから全く撮れていない。


スリランカの帰りシミランのクルーズも予定している!

途方に暮れ困惑で頭のなかは真っ白(笑)


船主のLalithが保険手続きについての対応を懇切丁寧にしてくれたので、

このあと、ボートが空いている時はないか?

独りでチャーター出来ないか?

思い余って相談してみた。

27日以降は空いているからOKだ。と承諾してくれた。


私の『技術レベルと年齢とリスク』を考慮すると、Mirissaでしたように
『チャーター』するしかない!


と、料金も承知し、彼なら信用できるので、

独りで、ボートを『チャーター』することにした。


スキッパーもつけてくれ、本人も乗船し、

ローカルの私のガイドの乗船も許可してくれ、

椅子には寝ていけるようマットまで付けてくれるという。


おかげで、
初めてデジカメのムービーで!

シロナガスクジラの全身を撮ることも出来た!


その(証拠写真)だが

本人はこれで満足!(笑)











『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢が、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島など

の絶海の孤島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

個々には、それぞれ

何回かずつ

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影』

する事だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

  知られていない島で

   ダイビングする

     ことだ。