旅ことば『 遊子 』 

新幹線車内誌



横浜から名古屋に帰る新幹線の中、

退屈しのぎに見ていた車内誌で、

『旅ことばの旅』というコラムで、

「遊子」

を見つけた。


自分が『放蕩』しているなどとは

勿論思ってもいないが、

少し気にしていることもあったので、

興味深く読まさせて貰った。(笑)


  ”小諸なる古城のほとり雲白く遊子悲しむ” 

「遊子」とは、旅人のこと。

海外への留学を遊学というのと同じで、

故郷を離れる旅人のことを指し、

放蕩息子、放蕩老人のことではない。

のだそうだ。(笑)


 この詩の最終行に

”濁り酒濁れる飲みて草枕しばし慰む”

とあるが、

昨夜遅くまで映像の”お師匠さん”を引き止め

熱燗を酌み交わし、

今、いささかハングオーバーで頭を抱えている

幾歳になっても困った「遊子」のイマエダさんだ。(笑)