ストレスレスの男の醍醐味。

 

Summer Holiday Day22

@ Anantmaaa, Uppuveli Beach, Trincomalee, Sri Lanka

 

西からの風が、

強く吹きつけ出航はしたものの、

そと海に出るとボートは木の葉のように揺れ,

白いキャップを冠った荒波で、

先にも後にも進めそうもなくなる。

 

沖に目を凝らしていたキャプテンが、

一旦ビーチに戻ってひと休みしてから出直しますか?

 

 

と、私の顔を見ながら聞く。

 

これ以上探してクジラを見つけても,

これだけの高い波では撮影は無理、

帰りましょう!

 

と顔に書いてある。

 

ダメな時はダメ、

諦めよう。

 

ハリーハリーとスリランカ語で承知したら

大笑いした。(笑)

 

早々とリゾートに戻って

ウエットも干しシャワーも浴びて

ホッとひと息。

 

5時起きだった1日は長い。

まだ10時だ。

たちまち2本空けてしまった。(笑)

 

「朝っぱらからビールを飲んで~~」と

叱か(られ)る人もいない旅先の、

ストレスレスの

男の醍醐味!(笑)


*

今朝は、それでも

イルカの大群が何度も姿を見せたし、

数日前には、

ジンベイも出たらしい。

 

が、私にとってのTrincomaleeは、

 

シロナガスクジラに出会えてナンボだ。(笑)



息を潜めて、

私の報告を、今か今かと興味深々、

待っている仲間?たち(笑)

に、

思いっきりガッカリさせる報告がしたいと、

 

私は、念じているのだ。(笑)

 


強風が収まりそうもない!

明日の出発を午後1時にしようと思うがと、

 先ほどキャプテンから電話があった。

 

私は28日間もTrincoに滞在するのだ。

悪天候を承知で

無理に出かける手はない。

 

Week-1

予定を

1日伸ばせばよいと返事をした。

 


 

キャプテンのlalithの気配りは凄い。

朝、私の部屋まで、

重い撮影機材や他の荷物を取りに来て

運んでくれるし

 

ボートの長椅子に寝転んで休めるよう

厚いクッションを敷いてくれるは、

 

ラダーもウエイトベルトも

頼んだように準備してくれるは、

 

朝飯代わりのローカルな食べ物を準備してくれるは

と、申し分無い!

 

有難い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

その、描いた夢が、

有り難いことに、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おもえば、おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

ガラパゴスだけなら

2014年の秋に

4度目が

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影する事』

だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 願い続ければ

 夢は必ず

  実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

   知られていない、

    スペインと、

  ポルトガルの沖合の

   東大西洋上の島で、

    ダイビングする

     ことだ。