海の男のゴープロ。


Photograh by Ralith, Trincomalee water Sports




今日も6時半にビーチを出発。


白煙をあげ悠々と行進するヤツらを

何度か見つけたが、

そろそろ近付いたナと思う間もなく

たちまちのうちにゴーダウンされてしまい

今日は全く駄目な日だった。


早々と10時にはビーチに戻ることにした。


帰路の海峡は恐ろしく荒れ、

途中で我慢できず、

もう降ろしてくれ!何とかしてくれ!


と叫びたくなるほどの身体に響く凄い揺れだった。


これがなければ、

たまに撮ることができなくても我慢出来るのだが。



それにしても豪華版だった昨日。

キャプテンのラリーが、

新調したばかりのゴープロで、

イロイロ撮影を試みていた。


さすが海の男だけに、ものすごく揺れるボートから、

手をツッコンだ、だけで

撮った。


初めてにしては、

ツボを心得た映像を巧く撮れている。


水中でイルカが群れるさまを、

巧く撮っていると思うのだがどうだろう。


了解を得て一部ご披露。







『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

その、描いた夢が、

有り難いことに、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おもえば、おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

ガラパゴスだけなら

2014年の秋に

4度目が

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影する事』

だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 願い続ければ

 夢は必ず

  実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

   知られていない、

    スペインと、

  ポルトガルの沖合の

   東大西洋上の島で、

    ダイビングする

     ことだ。