アノ3月を彷彿する” Blue”の出現ぶり。



 

 

今日は久しぶりに、

アノ今年3月を彷彿するような Blue”の出現ぶり”だった。


先日、思いがけなく

凄いシロナガスクジラが撮れたので、

その映像をキャプテンに見せ、

ボートの近寄り方の上手かった事は勿論

スキッパーの誘導とサポートぶりが、

大変素晴らしかったと褒めた。


ら、キャプテン、あれ以上の映像をジュンペイさんに撮って貰うと、

俄然ハッスル。(笑)


ハッスルしたキャプテン。

ブローするヤツらを発見すると、いつもは、超スピードで、

エンジンの爆音高く急発進して追跡するのだが、

今日は、静かに、静かにと、

スピードを落とさせ、静かに接近した。


そのせいで驚くほど、度々、ヤツらのそばに寄ることが出来た。


間近で、シロナガスクジラが、

黒々とした壮大な巨体を盛り上がて進むさまを見ることは、

ほかの海では、まず、なかなか体験出来ない。


誰もが身震いする程の感動を覚えるのではなかろうか。


私は、この、海上をブローを何度も続けながら、

堂々と前進するヤツの写真を、

是非撮りたく躍起になるのだが、


船からジャンプインする準備で、

マスクとフィンは予めつけてはいるものの、

船からすぐジャンプインできるよう

船べりに座わる準備で大わらわ。


フィンをつけたまま、

両足をまっすぐ前に伸ばし、

そのまま、

腰を軸に狭いその場で180度回転し、

船べりにヨイショと座るのだが、

実は、これがなかなか大変!

へたすると、揺れる船から振り落とされてしまう。


又、フィンを水面高く上げ続けていないと、

強力な波に

攫われ振り落とされてしまう。


飛び込む直前にビデオを受け取り、

その間、迫り来るヤツらの動きも確認し続けなくてはならず、

手も足も目も頭もすべて総動員(笑)


身体全体極度な緊張。

写真どころではないのだ。


だから、ほんのすぐそばでブローしながら盛り上がる巨体が見えても、

至近距離にいるヤツらをまともに撮ったことが無い。

いや、残念ながら撮ることが出来ない。


準備を始める前、まだ遠くにいて、

船が発信する前にしか撮ることが出来ない!


言い訳じみているが、

私にはそんな時の、こんな写真しか撮れないのだ。(笑)















 


   

          2020年

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始め

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢は、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

 

たくさんの夢が

叶った。

 

思えば幸せな

老後の

ダイビングライフを

楽しんで来られた。

 

今年『年男』を迎え、

今、願う私の夢。

 

太平洋、

大西洋、

インド洋など、

広い広い世界の海を

ダイビングをしながら、

 

そして、

北米

南米

ヨーロッパ

南アフリカ

中東

大洋州

アジア大陸

の6大陸の

世界の各地の絶景を

水中から

 

そして

ドローンを使って

空中からも

 

撮影しながら

巡る旅。

 

もし叶うことなら

OOOOOクラスを

使って

巡りたい

 

『世界1周の旅』 

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!