『ラーメンでも食べて帰って』

 

 

大事なマウンテンバイクが見つからず、

やむなく歩いて家に帰ったものの、

あれから一週間近く、

いつものコースを、歩いて、と、なると、

往復だけでも1時間くらいかかり、

結構シンドイ。


やむなく新しいのを買うことにしたが、

さて、自転車屋が、我が家の付近の何処にあるか?


一昨日、床屋さんに行った時に、そんな話をしたら、

イマエダさんならアソコの店くらいで無いと満足でき無いのでは?

と紹介してくれた店に昨日孫を誘って出かけた。


日銀の名古屋支店のそば、竹中工務店のセンタービルの1階に、

その店はあった。

 

こんな一等地の一流のビルの、しかも角っこに、

堂々と店を構え、品揃えも驚くほど多種多用で、

アッパーグレイドの客層の好みそうなギヤ~が、

ファッショナブルに並べられており、

その機種の充実ぶりに、驚いてしまった。


が、ナンダ、なんだ、この値段は!

40万円~~100万円なぞと値札に書かれたものがずらり。


おいおい、自動車を買いに来たのでは無いぞ!(笑)


やっと、ほんの5~6台、10万円以下のものを見つけ、

ホッとして店員さんに話しかけた。


サスペンションが何とやら、

ショックアブソーバーが何とやら、

で、こちらが~~~と。あっという間に、

16万円~18万円。

税込で20万円を超す機種がお勧めですヨと相成った。


いろいろ説明を聞くと、

どうやら17万8000円なにがしの、

税込20万円くらいのものが私に合いそうだということになった。


いいカモを逃してなるものかとばかりに、

滔々と説明が続く。

 

イイ加減疲れてしまったので、

もう、じゃこれにするか、匙をなげて(笑)決めた。

 

が、言うに事欠いて、(笑)

店員のアンちゃん、

『これからお勘定を済ませていただいてから、

整備してお渡しできるまで3週間ほどお待ち頂かねば』と、言い出した。


もう堪忍袋の緒が切れる寸前。(笑)

側でやり取りを聞いていた何処かのおっさんが、

北区のこれこれのところに品揃えは少し落ちるが、

コレコレというサイクルショップがある。

そこで相談してみたら?と地図を書いて勧めてくれた。


3週間も待てるもんかと、孫と、それならば、其処へ行ってみよう。

その店に行ってみたら、

昔孫も来たことがあるという店だった。(笑)


やはり沢山の機種が置かれたサイクルショップだった。

土曜日だったせいか結構な客で賑わっていたが、

先ほどの店と違ってやや小ぶりな店だった。

 

が、すぐに白いマウンテンバイクが目に付いた。


エッ、149,800円(税込)?

 

いいじゃ無いか!

値段も気に入った!(笑)

ヨシこれに決めよう!

 

と思って値札をさらによく見ると

49,800円(税込)と、書いてある!!!


店員さんを呼んで聞いてみると、

間違いなく値札に表示してあるとおり、

49,800円(税込)です。と云う。そのうえ、


ごめんなさい、腰の位置を決めペダルを取り付け調整するのに

2時間ほど頂きますが~~~と済まなさそうな顔をする。




(夕飯の時間も迫っていたので)2時間も待つのは辛い。

恐る恐る聞いて見た。

『すみませんが、

届けてもらうといつになりますか?』


今日は土曜日ですので、すでに配達を沢山頼まれております。

明日の日曜日、店が終わってから、遅くなってすみませんが、

9時頃でもヨロシカッたら、ボクがお届けしますが~~~。

 

勿論お代は頂きません。ときた。

 

うん、これだ!商売はこれでなくてはいかん!

 

さっき寄ったあのサイクルショップは、一体なんだったろう?


 

その自転車が雨の中先ほど届いた。


ギヤの取り扱いかた、鍵のセットの仕方、ライトの取り扱いかた、

その他あれこれ雨の降るなか、

寒い車庫の中で、店で販売してくれた店員さんが、

懇切丁寧に教えてくれた。


 

千円札を小さく畳んで

『有難うラーメンでも食べて帰って』と言って渡した。

 

 

 

 

 

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

その、描いた夢が、

有り難いことに、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おもえば、おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

ガラパゴスだけなら

2014年の秋に

4度目が

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影する事』

だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 願い続ければ

 夢は必ず

  実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

   知られていない、

    スペインと、

  ポルトガルの沖合の

   東大西洋上の島で、

    ダイビングする

     ことだ。