いつ出現してくれるか?


 

 

的場さんの乗られる

アイランドサファリロイヤルが、

北マーレ環礁から赤道直下の「ガーフ環礁」まで南下しながら、

7つもの環礁をめぐるスペシャルクルーズで

大忙しだったらしい。

 

私など、いまだかって見たこともない

ナイトジンベイとやらまで見られたそうで

中身がテンコ盛りのクルーズで、大忙しだったとも知らず

 

 

『気楽な気持ちで、数日、おひまを捻り出し、

シロナガスクジラと泳ぐつもりでTrincomaleeに来られませんか?』

 

などと的場さんに、声をかけてしまった。

 

 

昨年の、

もう爆発したような、

あのシロナガスクジラたち、

今年はどうしたものか、もう20日以上も現れず、

もし、的場さんが、来られたら大恥を掻くところだった。

 

Bryde’s Whaleだ、

Spermだ、

ドルフィンの群れだと、

 

ゲストから大金を受け取っている丸山さんも

大変苦労されておられる。(笑)

 

 

『コビレゴンドウの大群、バンドウイルカの群れも混じっていて、

かなりな数がいました。。

                 結局、何頭いたんだろう? これ 

笑 

 

                     すごかったです。』

 

 

例の調子でドローンで撮影したものを

FBに発表されているが、

キャプテンがやめておいたほうがいいといったほどの

大波の状況だったが、

今日は彼特有の強引さで、北方へ大遠征を試みられたらしい。

 

 

ゲストも含めご本人も

真っ青な顔をしてボートを降りてこられた。

 

シロナガスクジラ一本槍の私は、

目撃情報があるまでジーっと待とうと、

『壊滅的な日々』を送っている。(笑)

 

 

そもそも、それらしい海況が昨年とは全く違うだけに

フルムーン前後の大潮に期待はしてるが、

この先、どうなるか、

『中身がテンコ盛りのクルーズ』と比べ寂しい限りだ。

 

 

越智さんもスリランカに来ておられると聞いているが、

彼は南西海岸にでも居られるのだろうか?

 

むしろ、昨年もそうだったが、

ミリッサのほうが、

今 on seasonだから、

いい写真を撮っておられるかもしれない。

 

私としては、Trincoでいい写真を撮って自慢できる日が、

早く巡ってくるのを待つのみだ(笑)

 

 

ところで、

数日前にFBに投稿したシロナガスクジラを

越智さんが『違うのでは』と

投稿された。

 

キャプテンのラリスは

『タカジが言うならそうかもしれない』

Sei Whaleかもと、言っていたが、

 Hotel Trinco  Blu  ( Former Chaaya Blu )のボートが

一昨日と今日、

同じ海域で、

シロナガスクジラを視た。

イロもねずみ色っぽく。

とキャプテンに連絡があったそうだ。

 

 

『やっぱりシロナガスクジラではなかっただろうか?』

とのことだった。(笑)

 

私は、

一番よく撮れたと思われるのを

何枚かの写真の中から選んで

 

ポストしたのだが〜〜〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢が、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島など

の絶海の孤島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

個々には、それぞれ

何回かずつ

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影』

する事だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

  知られていない島で

   ダイビングする

     ことだ。