詮索無用(笑)

 

 

Trincoから Colombo間の車での7〜8時間の移動は
結構腰に堪えるので今回も国内線のCinnamon Airで帰ることにした。
が、インターナショナルのフライトでは
全く問題ないBagsの超過料金が、
国内線となるとかなり厳しい。
空港で改めてチェックされた総重量が52kg!
25kg まで無料だが27kg overだ。
超過料金1kgについてUSD10だから$270払え
と要求された。
エッ私のチケット代が$252なのに
エクセス料金が$270 !?!、
そんなの払えん!
と拒んだものの、それならば幾らで交渉すればいいか?
半分にしてくれと言っても120ドルの余だ!
まさか半額では承知はすまい!
それでも、なんとか$100くらいなら支払ってもいいがと、
値切る論法はないか考えあぐんだ(笑)
側でやり取りを聞いていたキャプテンの伜が
シンハラ語でやり取りしてくれている。
ちょっと待てと30分くらい待たされた。
『今回は特別だから誰にも言うなヨ!』と云って戻って来た。
ウンウン判った幾ら?
『$80でどうだ、X145=11,600ルピア払ってくれないか』と
予想をはるかに越す思いがけない低金額の提案なのに、
何故か私の顔色を読んでいる風(笑)
ヨシ払う!
領収書を呉れヨとなにげに言ったら、
気弱な表情で、
それなら$270だと云う。
ハハ〜ン判った。
これは彼の◯分だ!
気の変わらぬうちに支払ってやったほうが身のためだ
と,
詮索無用と即判断(笑)
無事搭乗。

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢が、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島など

の絶海の孤島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

個々には、それぞれ

何回かずつ

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影』

する事だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

  知られていない島で

   ダイビングする

     ことだ。

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 私の夢 』