ラリスの『ご馳走』


 

 

                                        Trinco stay, Sri Lanka. Day 16

 

牛肉のみっちり詰まったソーセージを炒め、

微妙に味付けしたマッシュルームに

人参とキャベツにサヤエンドウのグリーンを絡め

ピリピリの胡椒をしたヘルシーな野菜を添えたひと品に、

ニンニクの根っこを丸々焼いて

から揚げしたなんとも嬉しい夕食を

キャプテンが大判振る舞いしてくれた。

 

シロナガスクジラが未だに現れず、

フラストレーションの溜まったイマエダさんを

ナントカ懐柔しようというのが

の作戦だと判っているが

なんとも有難く

『ご馳走』になった。(笑)

 

 

嬉しいことに、

いつも海の中で力強くヘルプしてくれる

スキッパーのLagarと、

 

いつも意外と旨い味付けに唸らされる

シェフのSunilが、

一緒してくれ楽しい宴となった。

 

が、

それにしても、女性がいないと、

何とも華やかさに欠ける!

 

(涙)

 

(笑)

 

 

 

 

 

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

その、描いた夢が、

有り難いことに、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おもえば、おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

ガラパゴスだけなら

2014年の秋に

4度目が

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影する事』

だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 願い続ければ

 夢は必ず

  実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

   知られていない、

    スペインと、

  ポルトガルの沖合の

   東大西洋上の島で、

    ダイビングする

     ことだ。