Recseaの社長の顔が浮かぶ。(笑)

 

 

シロナガスクジラの撮影で、

また辺鄙なSri Lankaの東海岸Trincomaleeに来ている.

 

が、長らく愛用していたハウジングを水没させてしまった。

ボートの衝撃のガッタンガッタンが余程堪えるのだろう。

 

丸山さんの時から、

 もう2度目だ!

 

が、3月,4月の滞在時に全く姿を見せなかったクジラたちが、

今回は、

わんさかと出没するのを目の前にして、

9月下旬まで指を咥えてなんかおられない。

 

コロンボで代替品を探したら?と

キャプテンは言うが見つけられそうにない。

 

それなら代替品を日本で求め、

送ってもらったら?

 

一週間くらいで着くよ!

とキャプテンが言う。

 

一週間か10日で着くお国か!

スリランカに着いてから一週間か10日がミニマム。

帰国後に配達されるくらいが、オチ(笑)

 

自分で東京まで取りに行く以外に、

これからの撮影に間に合わせる

『最速な方法』は無さそうだ。

 

が、肝心のビデオは既に廃盤で

4Kの世界。

 

ハウジングも有るかどうか?

 

Recseaの社長の顔が浮かぶ。(笑)

 

 

 

 

 

 

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

その、描いた夢が、

有り難いことに、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おもえば、おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

ガラパゴスだけなら

2014年の秋に

4度目が

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影する事』

だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 願い続ければ

 夢は必ず

  実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

   知られていない、

    スペインと、

  ポルトガルの沖合の

   東大西洋上の島で、

    ダイビングする

     ことだ。