道はひとつ他に無い!(笑)

 

 

海外に居てハウジングが故障したりすると

たちまち困まってしまう。

そんな時の私の駆け込み寺はSeatool/Recseaの中島さんだ。

今回も『これこれこれで困っております』と直訴したら、

有難いことに

折り返し一週間ぐらいのうちに

なんとか間に合わせ発送しますと、

連絡を頂だくことが出来、

まずは大助かり。

 

然し旧いものとほぼ同じものを、

折角間に合わせて貰い発送して貰っても、

日本の宅急便ほど信頼できる制度が

こちらのCourierは無いから、

この国に届くや否や、

想像に絶する『言い訳』に次ぐ『言い訳』の連続で、

届いた荷物が届かないことを、

既に何回も私は体験している。

 

安ホテルならともかく

(地域一番の有名な一流)ホテルにまで、届いてからも

『言い訳』に次ぐ『言い訳』で

『まだ届いておりません!』と、

自信を持って断言する職員。

 

困った『お国柄』なのだ。(笑)

 

だったらどうしたら良いか?

 

どう対応すべきか?

 

 

道はひとつ。他に無い!(笑)