天国を飛翔。

 

Staying in Torinco day 28

 

食堂のマネージャーが来て耳元で囁いた。

 

『いつも長期滞在して頂くお礼に、

最後の晩に、

お好きなものをご馳走します。

もちろんお飲み物もデザートも』

と、

 

 

そんなことでメニューの中で一番のお気に入りの

大好物の『タイガープロウン』をご馳走してもらうことにした。

 

ホワイトワインでどうぞ

と勧められたが、

私はビールを飲りながらエビを手づかみし、頭から、

がぶりがぶりと豪快に噛み付いてバリバリ喰らい付くのがスタイルだ。

 

これは庶民派だからこそ味わえる旨さで、

ナイフやフォークを使っては味わえない醍醐味だ。

 

ちょっとばかし

お行儀は悪そうだがフィンガーボールで手を洗っては

グラスに注いだビールを

グビグビ飲りながら頭の殻と身をバキリと裂き、

頭と喉のあたりをバクッと噛み砕いて

チュウチュウと啜ると、

エビの脳みそかハラワタか知らないが、

そんなあたりの旨味が

口の中にじゆわじゆわと広がり、

もう天国を飛翔する感じ!(笑)

 

スリースクープのストローベリーと

バニラのアイスクリームの、

暖国では堪えられない『冷たいいつも戴くデザート』で、

現実に戻るのだ。(笑)