大隅さん見事今年も又入賞。

SDCの大隅さんが見事、今年も又入賞された @ 江戸東京博物館 映像ホール


 

 

 

誰もが記憶に残している数々の名勝負の、

相撲の舞台となった両国の「国技館」

 

幟(のぼり)がはためく、

すぐお隣の、その名も『江戸東京博物館』で

『全国ビデオ映像コンテスト入賞発表会』が昨日開催されたので

名古屋から出かけた。

 

SDCの大隅さんが見事、今年も又入賞されたのだ。

 

グランプリを受賞した『いのち連綿と』という

まるでNHKのBSの番組を見せて貰っているような、

そんな気のする立派な作品を最後に12作品が披露された。

 

私は、スリランカから、

25時間の余の長旅を一昨日済ませ帰国したばかりで、

まだ疲れも残っていたことは確かだが、

最初から最後まで、

いつにもなく真面目に(笑)一生懸命目を凝らして見させて貰ったので、

最後のグランプリの作品を見終わった時

『すっかり疲れ果ててしまった』(笑)

 

台風16号の影響で雨もすごく降っていたし、

『並の疲れかた』ではなかったので、

 

もうこのまま帰らせてもらおうかと思ったが、

 

SDCのおなかまとは是非一杯飲りたく

ご一緒したかったので、

雨傘をコンビニで買って、皆さんと『一杯呑み屋』で、

たっぷり『ガソリン』を補給をし、

やっと生気を取り戻すことが出来た。(笑)

 

 

『作品作り』というのは、

ただ撮影した映像を、

自慢たらたら並べただけではダメで、

 

大隈さんがいつも、五月蝿く(笑)言われたように、

 

そして私も、この頃、少しずつ解かっては来た(ような気がするが)

構想を練り、巧みなシナリオを作る、という、

編集以前の問題が大切なんだということが、

今日は、『立派な作品』を沢山見せてもらって、

実際問題として、よく理解出来た。

 

が、私は、そのクリエーテイブな才能に乏しいのと、

まだまだ、

あちこち飛び回りたいという『煩悩』に、

勝てないナマグサ坊主(笑)であることが問題で~~~~~(笑)

 

 

は、あるが(呆け防止に)(笑)

チャレンジするだけの価値はある。

 

せっかくだからライフワークとして、そこそこの『作品』が、

いつか出来あがればいい、ぐらいに

フランクに考え、

楽しみながら(勿論、真剣にだが)『作品作り』に、

取り込んでみるのも悪くはないなと、

今日の優れた発表会の作品を見せて貰って

 

正直そう思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

          2020年

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始め

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢は、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

 

たくさんの夢が

叶った。

 

思えば幸せな

老後の

ダイビングライフを

楽しんで来られた。

 

今年『年男』を迎え、

今、願う私の夢。

 

太平洋、

大西洋、

インド洋など、

広い広い世界の海を

ダイビングをしながら、

 

そして、

北米

南米

ヨーロッパ

南アフリカ

中東

大洋州

アジア大陸

の6大陸の

世界の各地の絶景を

水中から

 

そして

ドローンを使って

空中からも

 

撮影しながら

巡る旅。

 

もし叶うことなら

OOOOOクラスを

使って

巡りたい

 

『世界1周の旅』 

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!