江戸前の蒲焼。


 

 

 

夕食を一緒にどうだと友人が誘ってくれたが、

事故した『Phantom 4』の修理を

今日中に出しておかなくてはならんので

『どうしても、午後、名古屋に帰る』と話したら、

連休明けの忙しい筈の時にもかかわらず、

『それなら』と、

なんとも超モダンでレトロ感いっぱいのビルの中の店へ

案内してくれた。

きっと会社で接待に使う店なんだろう。

 

ふと窓の外を眺めると、

ビルとビルとの間ではあるが、

こんもりと緑、緑に茂った木々の向こうに

 

何と『皇居』が見えるではないか!

 

『本当は晩飯にスカイツリーが真正面に見える本店に案内したかったんだ』

と言っていたが、

皿にたっぷりの江戸前の蒲焼を見て

文句のあろう筈もないイマエダさんだったが(笑)

 

『たっぷりの江戸前のお勘定』には感激した(笑)