指示通りにドローンが飛ばない!

 

シロナガスクジラをボートの上で

ドローンを飛ばしながら撮影することは、

考えていた以上になかなか難しい。

 

今、見事な写真をご披露している写真家も、

聞いた話だけれども(笑)

一度、ドロンをドボーンさせたそうだ。

 

稼ぎの多いい方は兎も角、

私は年金生活者。

何が何でもこの一台で奴等を撮らねば!(笑)

助っ人を頼んで必死!(笑)

 

と、FBに投稿したら、

イースター島でダイビングして居る福和さんから

『何をおっしゃいます。高額所得者の年金は、

私達に回して頂きたいものです。』

 

と、また

妙な返信があった。(笑)

 

福和さんは日進の田圃の持ち主の資産家で、

御宅の前の広い田圃で、

いつも練習させてもらって居る方だ。

 

***

 

 

は、は、は、高額所得者の福和さんが何をおっしゃいます(笑)

お宅の田圃で練習させていただくのと、

シロナガスクジラたちが、

あちらにもこちらにも居る海域の海上で、

小さな船の上からドローンを飛ばしながら撮影することの難しさは、

想定外でした。

 

伊吹おろしの寒さに震えながら

御宅の田圃の上でクジラを想定しながら、

あんなに上手く飛ばせ、

撮影も出来た(つもりでした)のに、

練習の時には発生しなかった問題がイロイロと続発し、

頭を悩まさせております。

 

何としても、海の中にドボン! は避けたいと

必死なのです。(笑)

私も、この間行ったキアオラに泊まておられるそうなので、

 

Tiputa Passの激流はベテランでもビビります。

お気をつけて!

キアオラのChrisにヨロシク。

 

と返信しておいた。(笑)

 

身体を大地にしっかりと立ち、

安定した操作が出来る田圃の畦道と、

 

風はなくとも揺れる不安定なボート上からの操作は

何か微妙に違い、

思うように、前進、バック、左に、右にと、

 

指示通りにドローンが飛んでくれないのだ。