Pilot Whales 初見参

Trincomalee off, Sri Lanka Day - 9
12時近くなりましたヨ。

そろそろランチボックス如何ですか?

とボートマンのプラデイイープが切り出した。

 

一服したいのは山々だが、

弁当の蓋を開けてホットしだすと、

そんな時に限って必ずヤツラが顔を出す。

 

が、浜を出発してから、

もう4時間になる。

腹も減ってきた。

 

じゃあ30分あとで〜〜〜と、

言った途端。

スキッパーのダヌーカが Pilot Whale だ!と叫んだ!

 

ボートの2時方向を見ると確かにドルフィンの群れが

相当の数ピョンピョン跳び上がっている。

 

クジラはどっちだと聞くと ”ヤツラだ!” とダヌーカが指をさす。

 

ドルフィンじゃ?

 

否、Pilot Whale だ!

と海に詳しいベテランスキッパーのダヌーカが断言する。

 

私はPilot Whaleなど見たこともないので、

クジラの群れというよりドルフィンの群れにしか見えない。

 

他のボートマンたちも口を揃え頷いている。

 

何とも素早い動きでガンガンに行進しているので、

ボートがナカナカ近寄れない!

 

やっと、チャンスを見つけ飛び込んだ。

が、目の前をすーッと通り越す素早い動きで、

とても捉えられない!

 

が、確かにドルフィンというよりずんぐりむっくりした姿はクジラだった(笑)


息も絶え絶えだが、

『証拠写真』だけは、何とか撮ろうと頑張った(笑)

 

アア過酷!(笑)

 

ホテルに戻って、

H・マルテインシュタインの書いた『Marine Mammals of Sri Lanka』で調べて見た。

 

Pilot Whale は、もともと他の種と間違えられやすいクジラらしい、

 

が、ほぼ今回遭遇したのはPilot Whale に間違いはないらしい。

 

日本語名では何という名前のクジラなのだろう?

 

( あとでFBでゴンドウクジラと教わった )

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢が、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島など

の絶海の孤島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

個々には、それぞれ

何回かずつ

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影』

する事だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

  知られていない島で

   ダイビングする

     ことだ。

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 私の夢 』