Good Hospitalityの持ち主ばかりの宿

二日酔いで頭がガンガンするような日を除いて、

ほぼ毎日、

近くの大学のキャンパスまでマウンテンバイクを駆って出かけ、

カタチばかりの朝練を済ましたあと(笑)

朝風呂を浴びた、あと、

いっぱい飲りながら~~内緒

”朝飯”をたっぷり喰らう習慣が身についている、

戦後の貧しい時代の育ちの、

いまだに食いしん坊の私にとって、

 

早朝6時だ7時だと言う出発のとき、

まだ食堂で朝飯が喰えない程辛い事はない(笑)

 

もちろんボートの上では、スナックを準備してくれ、

いくらか空腹に対処してくれてはいるが、

浜辺に戻ってくるまでの約5~6時間もの間、

シロナガスに対面出来た日は、

さすがに耐えられるが、

そうでないときは、芯からゲッソリしてしまう(笑)

 

Break fast includedを、

そんな昼過ぎに撮影から帰ってくる私に、

ランチタイムまでキープしておいてくれ、

Late Break Fastを

(決してお愛想を云うタイプではない、どころか、無愛そ、そのものという感じの)

レストランのマネージャーのシーランが、

ランチタイムに気持ちよくサービスしてくれる。

 

 

ここAnantamaaは、

もうここ数年、毎年春夏と滞在させてもらっているが、

だから、

勿論これからも世話になりたいと思っているが~~~

 

今日も、新しいライオンの装いも新たなビールを添えて

新鮮なサラダから始まって

私がいつも頼む2Fried Eggs sunny side up,

ソーセージ、ベーコン、ポテト、グリルトマト、

 

ジャムやマーマレードを添えたトースト、

ナニやらの盛り合わせから

果物の盛り合わせまで

たっぷりとサービスしてくれ、

なんとも有難い。

 

だから贅沢なところではないが

Anantamaa以外のところで世話になりたいとところは他にはない。

 

支配人のAntonn氏、

レセプシオンのダルシャン、

などなど枚挙にいとまがない

Good Hospitalityの持ち主ばかりの宿だ。