2日連チャンのHoliday

朝日が昇り始めるのを待ち

早朝5時半浜辺を出発。

 

昨日、大揺れした大波が、

今朝は嘘のように凪ぎ滑り出しは順調。

 

が、

昇る朝日を厚い雲が覆っているのが、少しばかり気にかかった。

 

 やはり外洋に出て、およそ3時間もたっただろうか、

風が急に吹き始めた。

 

風速計で測ったら秒速7m。

ドロンを飛ばすどころか、

ボートに立ち上がるのもやっとの大揺れとなる。

 

まるでジェットコースターだ。

迫り来る高い波を上り詰めたかと思うと、

ドシャーンと、どん底に叩きつけられるかのごとくの揺れが続く。

 

これでは帰路にたっぷり2時間はかかりそうと、

キャプテンのダヌーカが言う。

 

探索をもう少し続けたかったが、

あたり一面、白いキャップだらけの大波だ。

 

クジラがいても撮影は不可能だ。

 

もう潮どきと諦め帰路についた。

 

夕方、ほかの船がテールを撮ったと報じたのを聞いて

自信家のボートマンのアサンガは『悔し紛れに』(笑)

以前の写真かもしれないゾ、などと、悔しがる。

 

『先々週も先週も出現しなかった。

2,3 週間ぶりにやっと出現した!』ならば、

いよいよ明日から期待出来るぞ!

と、バンザイする。も

 

『明日はやめておきましょう』

キャプテンの一言で2日ばかり『Holiday』することになった。(笑)