また来週頑張ろう。

大波に揉まれ続け息も絶え絶えの時、

クジラの情報を得たいと海上で近寄った漁師さんの船。

 

ここんとこ全然遭遇していないと、つれない返事。

 

その代わり、どうだ、こいつを今晩喰ったら旨いぞ、

と釣れたばかりの

30〜40cmの大きさの魚を両手に掲げた。

 

タミル人のドライバーが心やすげに『幾らだ』と聞いたら

2匹で350ルピアという。

 

大急ぎで頭の中で日本円に換算する。

と、260円ばかり。

 

買った!

と威勢よく言ったものの、

クジラの撮影に必要なものしか持って船に乗った者ばかり。

 

皆無一文。(笑)

 

タミル人のドライバーが後で届けると言って商談成立。

 

が、買ってから、少し経って考えてみると、

どこで、誰に、料理を頼めばいいか?(笑)

 

こりゃ大問題だ。(笑)

 

浜辺についてから

泊まっっているAnanntamaa の支配人に相談したら、

気安く調理場のシェフに料理を命じてくれ

今宵のデイナーにありつけた。

 

旨かった!

 

ライオンの大瓶を何本も飲りながら

心ゆくまで、おカシラまでチュパチュパと噛み、啜り、(笑)

 

新鮮さこの上ない旨味を味わうことが出来たばかりか

今週までのBlueとの不遇の憂さを

晴らすことも出来、

 

また来週頑張ろうという気になった。(笑)