『あんみつ』さんに大拍手。

 

 

しばらく、ご無沙汰だった

『あんみつ』さんから、

明日の夜中のフライトでパラオから帰国予定だが、

今日、ボートで移動中に

マッコウクジラを見た!

 

奇跡的にかっこいい尾びれの写真が撮れた。

BMの今日のブログの写真を

見てください。

クジラ好きの今枝さんに是非報告せねば、

と、嬉しいメールを貰った。

 

早速久しぶりにBMのブログを拝見した。

 

うーん、参った!参った!

 

シャークシティを攻めたあと

シアスコーナーへゆく途中、

マッコウクジラをパラオの海で

偶然とはいえフレイブが見つけたらしい。

 

そのマッコウクジラのテールを、

しかも『あんみつ』さんが撮った見事な写真が

BMのブログにアップされていた。

 

 いつか送って戴いた彼女のカレンダーを見た時、

おッ『あんみつ』さんの映像が変わった!と思ったが、

多分、おたかそうな『機械』を

新調グレードアップされたのだろう(笑)

 

 その時、そう思ったが、『腕前』のほうも、

その後、

かなりの『グレードアップ』されたようだ(笑)    

 

 私も、マッコウたちを追いかけている時、

Go downされ、

悔しい思いすることは度々あった。

 

BMの優さんが、

ボデーが『チョーデカい、ボートよりも遥かに大きい』と

驚いていたそうだが、

 

ボデーなら、水上でも水中ででも、

ここ、スリランカで撮ったことはある。

 

が、そのマッコウクジラのテールを、

 

しかも、これほど雫が、ぽたぽた落ちるさま、まで、

クッキリと、撮ったこと、撮れたことは、

私には無い。

 

 それが、マッコウを追跡している時に撮影出来た、

というのではなく、

シャークシティを攻めたあと、

偶然フレイブが見つけたという稀有なチャンスに、

『あんみつ』さんが、撮ったのだから

『あんみつ』さんの素晴らしい撮影力に、

ホンノ少し悔しい(笑)が、

大拍手だ。

 

 ここスリランカには、

8月の新月の頃を狙って

8月17日から潜り始めたのだが、

マッコウのSperm whaleや

ドルフィンもどきのPilot whaleなどの大群は出てはくれても、

あさってには満月を迎える

9月の4日の

今日になっても、

肝心のBlue Whaleが、

未だに現れず悔しい日々を送っている現状だ。

 

 

 それにしてもパラオの海は凄い。

透明度抜群のシアスコーナーでは、

マダラトビエイや

バラクーダがトルネード。

(あんみつさんの、この写真も素晴らしかった!)

シャークシティでは

バラフエダイの産卵狙い。

 

ブルシャークにカマストガリザメも確認出来、

バラフエの産卵に突っ込む

2メートルくらいあるロウニンアジの半端なくデカイ奴とか。

 

 そのうえ透明度抜群ときては、

『あんみつ』さんが暴れまわるのに、

あと何も言うことなさそうだ(笑)

 

おかげさまで元気を戴いた。

あと1週間と少し、

スリランカでもうひと頑張りする気になった。

 

有り難う。

 

 

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

その、描いた夢が、

有り難いことに、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おもえば、おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

ガラパゴスだけなら

2014年の秋に

4度目が

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影する事』

だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 願い続ければ

 夢は必ず

  実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

   知られていない、

    スペインと、

  ポルトガルの沖合の

   東大西洋上の島で、

    ダイビングする

     ことだ。